« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

綾上の枝垂桜・その2

綾川町(旧綾上)の枝垂桜、正式名称は「堀池(ほりけ)のしだれ桜」と名付けられています。
堀池とは地名でしょうか?

昨日UP分の枝垂桜の同日、実は夕暮れにもう一度訪れています。
さすがに昼間ほどの人出ではありませんが、桜の周辺にはやはり車が停まっています。
車がいなくなったのは日が沈んでしばらくしてから・・・。
しだいに風も吹き始め、枝垂桜の枝が風になびきゆらゆら・・・。
薄暗い中、スローシャッターとなり被写体ぶれの写真となりました。

p3264055_edited1
夕焼けと枝垂桜。

P3264065_edited1

P3264095_edited1
日が沈み車が去った後、なんとか撮れましたが、中途半端にぶれています。

P3264100_edited1
夕闇が加速する中、風も強くなり思い切ってSSを長くし桜をぶらしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

綾上の枝垂桜。

綾川町(旧綾上)のシダレザクラ(エドヒガン桜)が見頃を向かえています。
私の訪れたときは7,8分咲きでしたが、新聞・テレビの報道によるとどうやら満開になったようです。
マスコミに取り上げられだしてから年々見物客が増え、今年は交通規制(時計回りの一方通行)や臨時の駐車場が設けられています。
ただ、臨時駐車場はやや離れたところにあるためか、どうしても桜の周辺に駐車してしまうようで、車を外しながら写真を撮るのはなかなか困難です・・・。

同じような写真が続きますが。。。

P3264018

P3263936_edited1
今年は水仙の他にも道路沿いに花が増えています。
花の販売もされているようです。

P3263927_edited1

P3264049_edited1

P3263953_edited1

P3263889_edited1

P3263821_edited1

P3263859_edited1

P3263915_edited1

P3263923_edited1

P3263932

民家の屋根に乗っかる枝。

満開のところをもう一度行ってみたいですが、人が多いんだろなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

善通寺の涅槃桜。

涅槃(ねはん)桜が咲いているとのことで善通寺に行ってみました。

まずは五重塔から・・・。

P3213681_edited1

そして椿・・・。

P3213550_edited1

で、ここから涅槃桜・・・。

P3213574_edited1

P3213576_edited1

P3213671

P3213608

P3213612_edited1

P3213630_edited1

P3213661_edited1

おしまい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

海岸寺奥の院の花。

香川県多度津町の海岸寺奥の院。
春を迎え寒桜、梅、水仙などいろいろな花を見ることができます。

P3213499_edited1
寒桜。

P3213503_edited1

P3213511_edited1

P3213512_edited1
水仙。

P3213528_edited1
梅。

P3213542_edited1
梅と特急しおかぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

水仙あれこれ。

まずは多度津町の海岸寺奥の院の水仙。
P3213517_edited1

続いて、綾川町(旧綾上)のスイセンロード。
P3163299

P3163308

そして、三豊市詫間町の荘内半島にある浦島太郎墓碑を彩る水仙。
P3183393

P3183391
浦島太郎墓碑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

椿寒桜(たぶん)。

丸亀市綾歌町の福成寺。
寒桜が散り始めた後、蕾だった東側の数本が花をつけました。
開花時期と花の色形から椿寒桜ではないかと思われます。

P3163035_edited1

P3163085_edited1
山門と。

P3163061
塀越しに。

P3163137

P3163225_edited1
椿寒桜にもメジロが集まっています。

P3163119_edited1
池に面した土手の一面にムスカリが咲いています。

P3163126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

双海の菜の花。

引き続き夕焼け小焼けラインの菜の花。

P3132881
たこ焼きや「くじら」付近の菜の花。
線路の土手一面に菜の花が咲く。
どうやら近隣住民のみなさんが菜の花を植えているようです。

P3132878
道路のすぐ向こうは瀬戸内海が広がる。

P3132902
写真を撮ってるとちょうど踏み切りの警報音が鳴り出したのでカメラを構える。

P3132909
SSが遅すぎたようでぶれてしまった・・・。

この路線は一両編成のディーゼル車が走るローカル線。
電化された特急などは山間の新線を走ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

伊予長浜駅~下灘駅へ

大洲の五郎菜の花を見に行った後、大洲長浜線を経て夕焼け小焼けラインに向かいました。

大洲長浜線はJR予讃線が平行に走り、この時期、線路沿いには菜の花がずら~っと咲き誇っています。

P3132823_edited1
線路沿いの菜の花。

P3132851_edited1
JR伊予長浜駅。
寒桜?でしょうか。
偶然見かけたので立ち寄りました。

P3132830_edited1
雲り空だったのが残念・・・。

P3132842_edited1

P3132861_edited1
夕焼け小焼けラインもJRが平行に走る海沿いの快走路です。
線路沿いの菜の花は更に増え、黄色のラインが延々と続きます。

P3132864
日本一海に近い駅、JR下灘駅。
夕焼け小焼けラインよりも高い位置にあり、突然どこか見覚えのあるシルエットが目に飛び込んできました。

P3132870_edited2

P3132872_edited1

曇り空なのがつくづく残念・・・。
青空のときにまた訪れてみたいと思わせる眺めでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

今治の梅・綱敷天満神社の巻

愛媛県今治市の綱敷(つなしき)天満神社。
こちらも菅原道真公にゆかりのある神社で、神社の内外にたくさんの梅を見ることができます。
見頃は過ぎているようでしたが、まだ蕾の枝もあり小雨の中ぶらぶら散策してみました。

まずは、境内の外にある梅林の様子です。

P3143000_edited1

P3142954_edited1

P3142951_edited1

続いて境内の中にある梅の様子です。

P3142943_edited1

P3142926_edited1

P3142930
綱敷天満神社の本殿。


ここではすべてISO400ですが、階調オートのためか暗部にややざらつき感じられます。

あと雨の中、カメラはびしょびしょになりましたが、防塵防滴のE-3は全く問題なく撮影できました。
まぁ、雨の中、梅見物する人も、ましてや写真を撮ってるのも私だけなんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今治の梅・泰山寺の巻

愛媛県今治市 四国八十八ヶ所霊場 第五十六番札所泰山寺。
近くに行ったのでちょっと寄ってみました。

残念ながら小雨の天候でしたが、数組のお遍路さんが巡礼をされていました。
境内には一本の梅の木が花をつけています。

P3142914
散り始めの梅。

P3142916_edited1
大師堂と梅。

続いて梅林のある綱敷天満神社に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

大洲の菜の花。

愛媛県大洲市肱川河川敷の菜の花を見に行きました。

まずは五郎地区。

P3132749_edited1
広大な黄色の絨毯が広がっています。

P3132782

P3132755_edited1
菜の花を見ながらお食事中のおばちゃんたち。

次第に空がどんよりしてきましたが・・・。

続いて畑の前地区。
こちらは雪の影響で生育が遅れているようでした。

P3132798

P3132790

P3132804_edited2

こちらは高校生が菜の花の育成に参加しているようです。
今日の春分の日は菜の花フェスタが予定されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

明石寺。

愛媛県西予市 四国八十八ヶ所霊場 第四十三番札所明石寺。
仕事で宇和島に行った帰り、高速に乗る前にちょっと寄ってみました。

P3132745
仁王門と梅。

P3132734
仁王門と木蓮・・・の蕾。
訪れるのがちょっと早かったですね。

P3132735
明石寺本堂。
屋根は石州瓦が使われています。

P3132736
本堂の天井絵。

P3132739_edited1
鐘楼と夫婦杉。

P3132743
???何でしょうか・・・不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

黒岩天満宮の梅。

坂出市川津町の黒岩天満宮に行ってみました。
黒岩天満宮は菅原道真公を祭神とする神社で、ここにも道真公の愛した梅がたくさん植えられています。
訪問時は満開を過ぎており、散り始めの状況でした。

P3102652_edited1
讃岐富士と梅。

P3102668_edited1
参道沿いの梅。

P3102658_edited1

P3102671_edited1

P3102655_edited2

P3102657_edited1
本殿と梅。

P3102679_edited1
狛犬と梅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

今日の夕景。

P3163313_edited1

本日、E-3のAFだんまり現象が発生しました。
シャッターボタン半押しで、どこにAFターゲットを合わせても全く合焦せず。
ネットで同事象の報告例は目にしたことがありますが、自分のE-3でも起こりました。
はじめは12-60で、次に50-200に付け替えても発生しました。
電源を切り入れすると回復しますが、すぐにだんまりが起こります。
レンズ取り外しボタンを押しっぱなしでレンズを装着すると発生するという事象もあるようですが、押しっぱなしで装着したわけでもありません。

が、私の場合すぐに解決しました。
問題はバッテリーにあった可能性が非常に高いのです。
今日のE-3使用はじめ直後にバッテリー残量表示が赤になったのですが、そのまま使い続けてだんまり現象が頻発。
そのまま、電源ON/OFFを繰り返しだましだまし使い続け、バッテリーが切れた時点で予備に交換。
すると、バッテリー交換後はだんまり現象は全く発生しなくなりました。
今回の私の場合のAFのだんまり現象は、バッテリー残量減少による電圧の低下が原因ではないかと思われます・・・。(たぶん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山牝馬ステークス予想。

Pc091190_edited1
まずは内容と関係ない夕日。。。

さて、今週は中山牝馬ステークス。
中山の1800は平均ペースになりやすく、足を貯める瞬発力タイプより平均的に長くいい足を使えるタイプの好走が目立つ。
過去のこのレースで追い込みが目立つのはそのためでしょう。

今回、人気が予想されるレインダンス、ニシノマナムスメは前者のタイプなのでここは消し。
軸は昨年の3着馬、平均ペースで高いTF指数のあるヤマニンメルベイユ。
調教本数も多く、ここはやる気満々である。
2番手には、中山走るブライアンズタイム産駒タイキマドレーヌ、休み明けだが好仕上がりのアルコセニョール、格上挑戦だが軽ハンデのエリモファイナルとダンスオールナイト。
共に平均ペースで高TF指数を出したことがある。
他、キストゥへヴン、ハロースピード、シェルズレイ、イクスキューズ、コスモマーベラスと牝馬限定のハンデ戦で、ただでは収まりそうもないので手広く流す。

◎ 9ヤマニンメルベイユ
○ 6タイキマドレーヌ
▲ 2エリモファイナル
△10ダンスオールナイト
△ 1アルコセニョール
× 3キストゥへヴン
× 4ハロースピード
×12シェルズレイ
×15イクスキューズ
×16コスモマーベラス

3連複フォーメーション
9-1,2,6,10-1,2,3,4,6,10,12,15,16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

街ぶら。 その2

引き続き高松の街ぶら。

P3081785_edited1
香川県県民ホール入り口。
ちょっと直島を思わせる眺望。

P3081795
玉藻公園西側入り口付近に建つオブジェ。
たけのこの根っこみたいな・・・。

P3081805
高松丸亀町商店街A街区のドーム天井。

P3081798
アーケード・ドームとしては日本一の高さらしい。

P3081802_edited1
丸亀町、片原町、兵庫町の交点広場と丸亀町一番街。

P3081806
ブランド店も三越からお引越し。

久しぶりの高松市商店街ですが、以前より人が減った印象を受けました。
南新町から田町に歩いていくに従いシャッターが目立ってきます。
昔から見慣れた店もシャッターを閉め、軽いショックを受けました。
郊外の大型ショッピングセンターの影響をもろに受けている印象がひしひし伝わってきます。
今後、イオン綾川ショッピングセンター、ゆめタウン丸亀、ゆめタウン三豊のオープンが控えており、ますます厳しい状況になるのでは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

街ぶら。

某日、某嫁に運転手を命ぜられ久しぶりに高松に。
某嫁の買い物にまで付き合うつもりもなく、一人で街ぶらとなりました。。。
まぁ、玉藻公園(高松城跡)の周りをぐるっと回っただけなんですが・・・。

P3081703_edited1
玉藻公園の艮櫓(うしとらやぐら)  。

P3081732_edited1_2
艮櫓と琴電。

P3081788
月見櫓とクレメント高松。

P3081789_edited1
左から月見櫓、水手御門、渡櫓。

高松城は日本三大水城で、堀の水は海水を引き込んでいます。
当然、干満の差があり、堀にはチヌやボラがいるとか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

寒桜とメジロ・その4

今日も在庫から福成寺の寒桜とメジロ。。。

P3092471
換算400㎜ ISO400 階調オート。

P3092580
換算400㎜ ISO400 階調オート。

P3092036
ISO400 階調オート トリミングあり。

P3092599
ISO400 階調オート トリミングあり。

そろそろ飽きられそうなので、福成寺シリーズはひとまずこれにて終了~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

夕暮れの寒桜。

今日もひつこく福成寺の寒桜。
一人で訪れてた福成寺ですが、嫁の運転手になり高松に行った帰り道、「寒桜見たい」とのことで日も沈みかけた夕暮れの訪問となりました。

P3112715_edited1
夕日を浴びる寒桜。

P3081816_edited1

P3112723_edited2

P3081825_edited1
この時間、さすがにだ~れもいません。

現在、東側の遅咲き?の数本(種類が違うのかも)が花を付け始めています。
もうしばらく、寒桜とメジロを見ることができるでしょう。

ところでまだ、行く気ですか?
はい、まだ行く気です(自問自答)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

福成寺のつづき。

今回も引き続き福成寺で・・・。
今度は寒桜とお寺を中心に。。。

P3081266_edited2
右が福成寺。

P3081259_edited1
水源池と寒桜。

P3081272_edited1
塀越しに見る寒桜。

P3081275
石碑の隙間から。。。

P3081283
本堂の回廊と寒桜。

まだつづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

福成寺。

寒桜とメジロばかりの福成寺なので、今回はお寺をご紹介します。

P3081268_edited1
山門。
立派です。

P3081269
山門は鐘楼も兼ねるようです。

P3081271
境内と本堂。
境内はきれいに手入れされています。

P3081277
本堂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

寒桜とメジロ・その3。

福成寺の寒桜とメジロ。
今回はSS重視で撮ってみました。

P3081296_edited1

P3081419
1/1000秒 ISO400 階調オート 換算400㎜ 中央重点平均測光。

これより下は3枚目から始まる連写で、下から上への連続写真です。
かな~りピン甘ですが・・・

P3081538_edited1
1/5000秒  ISO400  階調オート トリミングあり。

P3081537_edited1 
1/5000秒  ISO400  階調オート トリミングあり。

P3081536_edited1
1/5000秒  ISO400  階調オート トリミングあり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

寒桜とメジロ・その2。

福成寺の寒桜とメジロのつづき。。。

P3060983

換算400㎜ 階調オート ISO100

P3061169

換算400㎜ 階調オート ISO100

P3060948

換算400㎜ 階調オート ISO100

E-3のシングルAFターゲットを「小」で試してみた。
「標準」よりAFの迷いが増える気がするが、確実にHIT率は上がる・・・ようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

香川県園芸総合センターの梅。

1月の蝋梅に続き、香川県園芸総合センターの梅を見に行ってきました。
早咲きの梅は満開で見頃を迎えています。
まだ蕾の梅もあり、しばらく楽しめそうです。

P2290205_edited1
中庭の枝垂れ梅。
まだまだ蕾が多い状況です。

P2290214_edited1
おもしろい枝っぷり。

P2290218_edited1

P3020282
結び目を作ってる枝を発見!
一つ上の写真の中にあります。

P2290236_edited1

P3020296
蝋梅の花がまだ残っています。
白梅、紅梅と合わせて3色楽しめます。

P3020307_edited1
梅園はこんな感じ。
写真手前の枝垂れ梅はまだ蕾の状態で、これからまだまだ楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

滝宮天満宮の梅・2回目

梅の開花状況を見に、滝宮天満宮に2度目の参拝をしてきました。
空は曇り気味で、お日様が差さない状況で写真はいまいちですが・・・。

P2290268_edited1

P2290261_edited1

P2290246_edited1

P2290250_edited1

境内の梅の花は見頃を迎えているようです。
前回、咲いていた本殿左側の梅はすでに散り始めていますが、蕾だった右側の梅はきれいに咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

寒桜とメジロ。

丸亀市綾歌町の福成寺。
池に面した通りに寒桜の並木があります。
見頃の寒桜にたくさんのメジロが蜜を求め集まってきます。
そのメジロを狙いにカメラマンも集まっております。

この日はあいにくの曇り空でボツ写真を大量生産してきました・・・.。

P3040541
換算400㎜ ISO100 階調オート。

P3040621_edited1
換算400㎜ ISO100 階調オート。

P3040677
換算400㎜ ISO100 階調オート。

P3040755
寒桜の並木。

P3040845_edited1
左は福成寺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

高知の梅・善楽寺の巻

高知県高知市、四国八十八ヶ所霊場 第三十番札所善楽寺。

P2270139
真新しい本堂(右)と歴史を感じる大師堂の間に梅の木があります。
境内はとてもきれいに手入れがされていて気持ちがよいです。

P2270161
梅の木と大師堂。

P2270159
納経所前の枝垂れ梅。

P2270152
梅見地蔵。
以前は大師堂の梅の木の下にあり、梅の木を仰ぎ見る姿であったことから「梅見地蔵」と名づけられたらしい。
このお地蔵様は、首から上の病気に利益があると伝えられていて、 合格祈願・学問向上に訪れてる人も多いそうです。

P2270178
とても小さい像。
たまに見かけますが、名前はあるのでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

高知の梅・潮江天満宮の巻

高知県高知市の潮江天満宮。
ここにも道真公の愛した梅があり、樹齢200年余の「飛龍梅」と梅園を見ることができます。

P2270059
立派な楼門を潜ると正面に梅園が見えます。

P2270062_edited1
梅園の梅。

P2270076_edited1
龍が羽根を広げあたかも飛んでいるような形態をしていることから名づけられた「飛龍梅」。
右下は牛の石像、参道の両側にあります。

P2270090_edited1
飛龍梅と絵馬。

P2270121_edited1
飛龍梅と参道。

P2270115_edited1
潮江天満宮本殿。
菅原道真公が大宰府に左遷されると同時に、嫡子(長男)の菅原高視(タカミ)も土佐に流され、道真公が亡くなったときに届けられた遺品の観音像などを御神体として、高視が潮江天満宮を創建したと伝えられているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

中山記念他予想。

P1273821_edited1

今週は3レースの予想なので、簡潔に印のみで・・・。

中山記念
◎ 5エアシェイディ
△ 7カンパニー
△ 8アサカディフィート
△11マルカシェンク
× 1プリサイスマシーン
× 6コンゴウリキシオー
× 9リキッドノーツ
×12グラスボンバー

3連単
5→7,8,11→1,6,7,8,9,11,12

阪急杯
◎12アンブロワーズ
△ 9アグネスラズベリ
△10キンシャサノキセキ
× 3ローレルゲレイロ
× 4スズカフェニックス
× 6シンボリグラン
× 7ナスノストローク
×13フサイチリシャール
×14ペールギュント

3連複
12-9,10-3,4,6,7,9,10,13,14

中山10R木更津特別
◎15パートゥーアワーズ
○ 8マイネルグラシュー
▲ 7ヒカルダイヤモンド
× 2ニシノアンサー
× 9モエレフィールド
×10カームブレイカー
×12トーヨーエーピー
×14ニシノフリーダム

3連単
15→7,8→2,7,8,9,10,12,14
7,8→15→2,7,8,9,10,12,14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »