« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

新緑の滝へ・琴の滝の巻

愛媛県東温市、琴の滝。
昨日の御来光の滝の下流にある滝です。
この滝も道路脇にあり、御来光の滝よりもさらに間近で見ることができます。

P5277410

P5277426

P5277431

P5277434_2

P5277436

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

新緑の滝へ・御来光の滝の巻

愛媛県東温市の御来光の滝。

この滝も白糸の滝と同じく2年ぶりの訪問となります。
前回は梅雨入り後で水量が多かったのですが、今回は平素よりやや多い程度でしょうか。

ここは県道脇にある滝で体力を全く必要としない楽チン滝です。
ただ、道幅が狭く対向車との離合に苦労するのと落石が多いので注意が必要です。

P5277369

P5277389

P5277402

P5277409

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

新緑の滝へ・白糸の滝の巻

愛媛県東温市の白糸の滝。

ここへは2年ぶりの訪問になります。
前回も同時期に訪れていますが、今回の方がやや水量が少なかったようです。。。

白糸の滝は新緑が美しく、まだ見ぬ紅葉時も大変美しいのではないかと思わせる滝です。
さらに滝の下流は小滝が連続し、滝までの遊歩道からの眺めも見逃せません。

P5167109

P5167122

P5167147

P5167160_edited1

P5167206_edited1

以下は下流の小滝です・・・が、ちょうど水流に日が差す明暗の激しい条件となり白とびしまくりです。。。
下流からの並びとなります。

P5167192

P5167187_edited1

P5167180_edited1

P5167172_edited1

P5167167_edited1

P5167221
遊歩道入り口にはツツジが咲いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

新緑の滝へ・不動の滝の巻

香川県三豊市の不動の滝カントリーパーク内の不動の滝です。
ここは駐車場のすぐ脇に滝がある超お手軽滝なのです。

昨年は渇水のため梅雨入り前のこの時期、水が完全に枯れてしまう状況でしたが、今年は比較的雨量があったため水が流れております。

どうやら四国地方は梅雨入りした模様で、これからさらに見ごたえのある姿になることでしょう。

P5116567_edited1

P5116573_edited1

P5116591_edited1

P5116614_edited1

しばらく新緑の滝めぐりが続きます。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

夕日。

数日前の夕日です。

このところ使う機会がめっきり減っていた50-200のリハビリにと思ったのですが・・・。

空が霞んでいたので数枚程度の撮影で終了しました。。。

P5146942

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

藍住のバラ園。

滝は一休みして、今日はバラ。
徳島県藍住町のバラ園に行ったときのものです。
バラ園は約270種、1000株の色とりどりのバラが咲き乱れていました。
見頃は5月中旬から下旬、10月中旬から下旬とのことで、バラまつりが催されます。

P5156998

P5156958

P5156969

P5157013

P5157011_edited1

P5157047

P5156985_edited1

P5157005_edited1
ミツバチ。
もちろんトリミングしております・・・。
f4 1/800秒。
連写しまくりです。。。

P5157095_edited1
こちらもトリミングしております。
f4 1/1000秒。
12-60はズーム全域で25cmまで寄れるので割とマクロ的にも使えますね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

新緑の滝へ・神通滝の巻

新緑の滝めぐり、2箇所目です。
雨乞の滝を後に、同じ徳島県神山町の神通滝に向かいました。

神通滝は真っ直ぐ一直線に水が滝壷に落ちる「これぞ滝」という言葉がぴったりの滝です。
水量が豊富で滝壷も広く、雨乞の滝にも引けをとらない非常に見ごたえのある名瀑です。

神通滝には林道を通る必要があるのですが、道中、落石痕が多く、落石に注意しなければなりません。
2,3年前には山崩れで林道が崩壊したことがあるので、大雨後は控えた方がよいでしょう。

P5056369
新緑に包まれる。

P5056378

P5056388

P5056389

P5056395_edited1

P5056404
滝壷周りの岩は苔に覆われています。

P5056407

神通の滝は7月初旬の大雨で遊歩道の山腹崩落のため通行止めになっています。
復旧のめどは立っていないとのことなのでご注意ください。

2008年12月復旧しました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

新緑の滝へ・雨乞の滝の巻

今年も滝めぐりの季節がやってきました。
昨年は渇水のため梅雨入り前まではどこも水量が少ない状況でした。
しかし、今年は雨の降る日が比較的多かったので昨年のようにがっかりすることはなさそうです。

今年は2月に白猪の滝の氷瀑を見に行ったので、今年2度目の滝訪問になります。

新緑の滝、まずは雨乞の滝からです。

雨乞の滝をめざし遊歩道を進むといくつかの小滝が現れます。

では、順番にちまちま撮りながら進みます。

P5056289
うぐいす滝。

P5056310
不動滝。

P5056314
もみじ滝。

P5056316
気になる渓流を撮りつつ進みます。

P5056323_edited1
観音滝。

観音滝を過ぎ、岩壁を廻り込むと雨乞の滝の雄滝、雌滝が目に飛び込んできます。

P5056324_edited1
左が雄滝、右が雌滝でこちらは日本の滝百選に選ばれています。

P5056357
雄滝。

P5056343_edited1
雌滝全景。
水流は上段、中段、下段を流れ落ち、小さい滝つぼに流れ込みます。

P5056338_edited1
新緑に包まれる滝。

P5056339_edited1_2

P5056354_edited1
中段へ伸びる鎖。
たぶんこれが5度目の訪問ですが、まだこの先には進めていません・・・。
体力のあるうちに登ってみようとは思ってるんですがね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

豊浜駅のツツジ。

JR豊浜駅のツツジ。
ゴールデンウイーク中のつつじ祭りに行ったときのものです。
しかし、あほほど撮るのも考え物で、写真の整理が追いつきません・・・

駅構内は200株ほどのクルメツツジが満開となっていました。
1940年に当時の駅長さんが植樹され、長年駅員さんが世話をされてきたそうです。
駅が無人化になってからは地元の自治会のみなさんが世話をされています。

P5066504_edited1

P5066496_edited1

P5066505_edited1

P5066489

P5066449
一際映える赤のツツジ。

P5066487
ミラーに映るツツジ。。。

P5066440
停車中の保線車。

P5066462
特急「しおかぜ」。

P5066514_edited1
アンパンマン列車「ドキンちゃん号」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

郷照寺のツツジ。

第七十八番札所の郷照寺。

5月始め、ツツジが境内を彩ります。

P5066418
昨年は閉鎖されていた庭園が開放されていました。

P5066422

以下は大師堂横のツツジです。

P5066427

P5066431

P5066434_edited1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

玉藻公園のツツジ。

5月某日、某嫁の買い物に高松へ。
例の如く買い物に付き合う気もなく玉藻公園へ行って見ました。
玉藻公園ではちょうどツツジの咲いている時期で、人の背よりも大きい球形に整えられたツツジを見ることができました。

P5046144_edited1

P5046159

P5046164
披雲閣。

P5046172

P5046178

P5046179

P5046187
ドウダンツツジ。
ツツジの花にはとても見えませんが、これでもツツジ科なのです。
他のツツジと同じく、大きな球形の緑の塊に小さな白い花がたくさんついていました。

P5046201_edited1

P5046213
後方は披雲閣の書院。

P5046219_edited1_2
後方は月見櫓。

P5046273
後方は同じく月見櫓。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

海王丸・その2。

海王丸のイベントでは日没から20時までの間、船体のライトアップが行われました。

海王丸は13日に坂出を出港し、瀬戸大橋開通20周年記念事業の岡山側のイベントで現在、宇野港に入港しています。
次に四国に現れるのは、海王丸の姉妹船である日本丸が7月末、今治に来るようです。
練習船イベント情報

P5126813_edited1

P5126844_edited1

P5126852_edited1

P5126861_edited1

P5126870_edited1

P5126894

P5126905

P5126917

P5126938

P5126929

P5126925

最後の4枚はISO400と800。
やはりE-3の弱点の一つは高感度。
ISO100だと船が揺れて被写体ぶれ、感度を上げるとザラザラと、ジレンマに陥ります。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

海王丸。

先週末、瀬戸大橋架橋20周年のイベントとして世界最大級の帆船「海王丸」が坂出港に寄航しました。
帆を張るセイルドリルは見ることはできませんでしたが、船内の一般公開に行ってきました。

いつもの如く同じような写真が続きます。。。

P5116784_edited2
海王丸。

P5116629

P5116633

P5116645
船首。

P5116714_edited1

P5116657
海王丸の船首像「紺青」。

P5116724_edited1

P5116752

P5116770_edited1
船尾。

P5116780_edited1

P5116760_edited1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

仏生山公園のツツジ。

数年ぶりに高松市にある仏生山公園のツツジを見に行きました。

同じよう写真が続きますが・・・。

P5046046

P5046055

P5046064

P5046071
両脇がツツジの壁の通路。

P5046081
水面に映るツツジがとてもきれい。。。

P5046107
同時期、黄ショウブも咲いています。

P5046126

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

GWは大窪寺の巻・後編。

続いてシャクナゲをあとに大窪寺に向かいます。
この時期、大窪寺は新緑に包まれ大師堂前の藤棚とボタンが見頃を迎えています。

P5036004
二天門前の新緑。

P5036006_edited1
二天門から覗く本堂と多宝塔。

P5036011_edited1
二天門から覗く新緑。

P5036021_edited1
仁王門と藤。

P5036016_edited1
大師像。

P5036031_edited1

P5036025_edited1
大師堂。

P5036036_edited1
藤棚。

P5036038_edited1_2

P5036014

P5036027_edited1
大師堂前のボタン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

GWは大窪寺の巻・前編。

晴天のゴールデンウイーク、大窪寺の向かい側にある八十場庵裏山でシャクナゲが満開とのことで行ってみました。
昨年は裏年にあたり花の付きはイマイチでしたが、今年はたくさんの花をつけていました。

P5035982_edited1

P5035999_edited1

P5035955_edited1



シャクナゲもよいですが、新緑もgoodであります。。。

P5035954

P5035988

P5035968



うげっ、毛虫入ってるやん・・・

後編へつづく。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

徳島の藤・藤井寺の巻。

徳島の藤、最後は四国八十八ヶ所第十一番札所 藤井寺。
藤井寺には弘法大師お手植えと云われる藤があります。

P5035898

P5035903

P5035911
ぶどうの房のような「八重黒竜」

P5035922

P5035924
新緑と「白龍弁財天」。

P5035928
ふじや旅館のつつじ。

P5035942
香川への帰り道に通った吉野川に架かる沈下橋の「川島橋」。

P5035935
ちょうどお遍路さんが渡っておられました。
切幡寺から藤井寺に向かっているのでしょう。
川島橋は遍路道になっているようです。

これにて徳島の藤めぐりは終了です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

徳島の藤・童学寺の巻。

徳島の藤、続いては再び石井町に戻り童学寺へ。
童学寺は四国霊場別格第二番で、弘法大師が子供時代を過ごした場所です。
寺名は大師がここで書道や学問を修得されたことから童学寺と称されるようになったようです。

境内は3色の藤棚とツツジが満開を迎え、お寺裏の新緑が美しい時期となっていました。

P5035892
境内は新緑に包まれています。

P5035862_edited1
藤とツツジ。

P5035864
藤棚。

P5035868_edited1

P5035869

P5035879

P5035876

P5035887

P5035853

P5035857

徳島の藤、最後は藤井寺に向かいます・・・つづく。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

徳島の藤・神光寺の巻。

徳島の藤、次は神山町の神光寺。
神光寺には「のぼり藤」と呼ばれる大きな藤があり、鉄骨で組まれた櫓を伝い上に伸びています。
樹齢は100年ほどと云われています。
境内には藤以外にも本堂横に白藤、オンツツジ、シャクナゲなどが花をつけています。

到着は昼を過ぎてからで、すでに多くの見物客が来ているようで、道路の路肩は長い車の列ができていました。

P4275742

P4275748
昼からは逆光になるようで、撮る方向が限定されてしまいます。
午前中に行くのがよいかもしれません。。。

P4275747_edited1

P4275803_edited1

P4275796
白藤。

P4275787
オンツツジとシャクナゲ。

P4275786_edited1
境内裏にもシャクナゲがあります。

徳島の藤、まだつづく。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

徳島の藤・地福寺の巻。

徳島の藤めぐりに行ってきました。
まずは、石井町の地福寺。
地福寺は紫の藤棚と白の藤棚があり、特に紫藤は樹齢200年余で38mほどに枝を伸ばしています。
他にも境内には愛好家が育てた立派な鉢植えの藤がたくさん並んでいます。

P4275682_edited1

P4275712

P4275719

P4275694
白藤はまだ咲きはじめというところでした。

P4275697

P4275689_edited1
鐘楼と藤。

P4275692
本堂の前に鉢植えの藤が並びます。

P4275701_edited1
ツツジと藤。

P4275699_edited1

徳島の藤めぐり、つづく。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

道隆寺のマーガレット。

香川県多度津町、四国八十八ヶ所霊場 第七十七番札所道隆寺。
道隆寺には直径2mほど、半円球状のマーガレットの株があり、この時期花をつけます。

P4225617
仁王門。

P4225554_edited1
正面が本堂、右に大師堂。

P4225557
本堂とマーガレット。

P4225566
大師堂。

P4225575_edited1

P4225585
多宝塔。

P4225593

P4225572_edited1

P4225601
芝桜。

P4225605
つつじと鐘楼。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »