« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

みかえりの滝。

Pb160115_edited1

Pb160108_edited1

Pb160121_edited2

安居渓谷のつづき。。。

安居渓谷には4つの代表的な滝があります。

まずは1本目、一番下流にある「みかえりの滝」。

安居渓谷に向かう途中、橋の上から見ることができます。

3枚目は千仞峡と呼ばれる安居渓谷で最も狭い峡谷と滝の下部です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

安居渓谷 その2。

Pb160217_edited1

Pb160169_edited1

Pb160186_edited1

Pb160173_edited1

安居渓谷のつづき。。。

1枚目は安居渓谷内にあるもみじ公園。

整備された感はありますが、もみじがたくさんあり一際目を引きます。

また、公園内には釣堀があって、釣った魚をすぐ焼いて食べることができるよう。

ちなみに、雨の日は釣堀がお休みになるらしいのでご注意くださいませぇ。。。

まだまだつづく・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

安居渓谷。

Pb160084_edited1

Pb160144_edited1

Pb160159_edited1

Pb160167_edited1

高知県仁淀川町の安居渓谷です。

けっこう見どころが多く、他にも立ち寄る予定でしたが、ここで丸一日過ごしました。

大量に撮っちゃいましたのでしばらく安居渓谷、つづきますぅ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

和歌山城。

Pb250583_edited2

Pb250597_edited1

世間は3連休の中、和歌山へ出張に。

仕事が微妙に早く終わった日、宿泊先のホテルからすぐの和歌山城へ無理やりダッシュで観光に行ってきました。

和歌山城内には名勝の紅葉渓庭園(もみじだにていえん)があるのですが、着いたのは閉門5分前・・・。

(庭園だけは早めに門が閉まってしまうよう。)

庭園に入るが「後2分で門を閉めるよぉ~」とおっさんの冷たい声が背中に突き刺さる・・・。

仕方なく庭園から出て、外から撮ることに。。。

がぁ、日暮れ間近で、感度上げて絞り開放でも手振れしそうなSSしか得られず、かなり消化不良でしゅ~りょぉ・・・。

1枚目は和歌山城天守閣、2枚目が紅葉渓庭園です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ひこにゃん。

サンポートで行われている高松市と交流のある11都市、

「姉妹城・親善都市、交流都市 観光と物産展」に彦根市のPRに「ひこにゃん」がやって来ました。

他に高松市の「サンポくん」・「青鬼くん」、水戸市の「ハッスル黄門」といったゆるきゃらたちも参加しています。

Pb230526_edited1
イベント会場に向かうひこにゃん、意外と動きが速くぶれてしまった。。。

ひこにゃんは思ったより身長が低く(155くらい?)、その動きと相まってめちゃかわいい。。。

Pb230553_edited1

ひこにゃんの左側がハッスル黄門、切れちゃったが右が青鬼くん、左がサンポくん。

Pb230540_edited2

○×クイズゲームを手伝うひこにゃん・・・かわいすぎる。。。

まじで彦根市に行ってみたくなった。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

祖谷渓。

Pb090115_edited1

Pb090128_edited1

Pb090125_edited1

Pb090134_edited1

奥祖谷から祖谷のかずら橋をスルーし最後の目的地、祖谷渓の小便小僧に向かいます。

小便小僧で数枚撮影後、どやどやと大勢の観光客が来たので退散・・・。

車に乗ってチラッとバックミラーを見ると、そこにはボンネットバスが

あ~、さっきの観光客はこの乗客かと。

どうやら現在は定期観光バスになっている模様。。。

車を降り撮らせてもらう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

奥祖谷二重かずら橋。

Pb090065_edited1

Pb090069_edited1

Pb090098_edited1

Pb090094_edited1

奥祖谷二重かずら橋の紅葉です。

訪れたときは紅葉のピークは過ぎてた感じで。。。

すでに剣山周辺の紅葉は終わっており、近くのここも紅葉は早いようですね。

1枚目は男橋、2枚目はギシギシ揺れる男橋上から撮りました。

3、4枚目はもう一つの橋、女橋です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

鳴滝。

Pb090003_edited1

Pb090041_edited1

Pb090051_edited1

徳島県つるぎ町の鳴滝と鳴滝が注ぎ込む貞光川の紅葉です。

この日は貞光から剣山経由で奥祖谷を目指し、祖谷渓を横目に池田に抜けるドライブ。

次は奥祖谷の二重かずら。

・・・つづくだよ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

大窪寺。

Pb120153_edited1

Pb120174_edited1

Pb120158_edited1

Pb120164_edited1

Pb120171_edited1

Pb120189_edited1

Pb120199_edited1

大窪寺の紅葉です。

白猪の滝同様、ちょっと早かったんだけどねぇ。。。

二天門前のモミジは、まだ緑の方が多かったくらい・・・。

境内のイチョウも若干まだ緑が残ってる感じで、葉っぱが舞い散るのはもうチョイ先かなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

白猪の滝。

Pb130232_edited1

Pb130243_edited1

Pb130246_edited1

Pb130267_edited1

愛媛県東温市の白猪の滝へ。

紅葉の最盛期にはちょっと早かったなぁ。。。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

一通り撮り終えると40代くらいの女性が一人でやってきた。

そのいでたちが余所行きの洋服でちょっと場違いな印象。

カメラと三脚を片付け、滝を後に遊歩道を下り始めると、その女性も帰る様子。

あっという間に追いつかれ抜かされるかと思ったら話しかけられる。。。

どうやら人に会うための服装で、そのついでに滝に寄ったのだとか・・・(まじですか・・・)。

駐車場から滝までは登りの遊歩道を1300mほど歩くことになるのだが・・・(常連さんか?)。

聞くとその女性、石鎚にも登山をされるのだとか・・・(かなりのつわものかも・・・)。

人は見かけによらないものだとつくづく思た。。。

別れた後に御来光の滝の情報でも知ってたら聞いとくんだったと思ったが後の祭り・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

ぐるんぐるん。

Pb020308_edited1

昨日の虹の滝・雌滝に続き、今日は上流にある雄滝。

今年も落ち葉のぐるぐる~を撮って遊んでみました。

落ち葉のぐるぐると言えば、当ブログ、最初の記事が落ち葉のぐるぐる。

記事の題名も「ぐるんぐるん」だったような。。。

思えばE-3購入と直後のブログ開設から、あとちょっとで1周年になります。

1年て早いね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

虹。

Pb020267_edited1

Pb020283_edited1

三木町の虹(こう)の滝・雌滝。

虹の滝キャンプ場の紅葉を見に行ったのですが、ちょっと早かったようでほぼ緑一色。。。

ここの来るたびに悩みますが、この雌滝は日が差すとコントラストが著しくなり撮りにくい滝なのです。

この日も昼過ぎに訪れたため四苦八苦。。。

ただ、日が差し込んだおかげで滝に虹がかかってくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

光明禅寺。

Pb010157_edited1

Pb010147_edited1

Pb010196_edited1

Pa260080_edited1

Pb010172_edited1

太宰府天満宮の表参道を横にそれるとすぐ光明禅寺があります。

太宰府に寄ったメインイベントは実はここ。

光明禅寺の裏庭には枯山水の見事な庭園があるのです。

ネット上の写真で見る秋の紅葉はそれは美しいものでした。。。

が、今回、ちょぉっと紅葉には訪れるのが早かったようです。

紅葉時は写真のもみじすべてが赤や黄色になるんですよねぇ~。

ただ、紅葉はまだでも風情ある光景はすばらしいもので、

訪れた観光客はみなさん腰をおろししばらく見入っていたのが印象的でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

菊花展。

Pb010236_edited1

Pb010259_edited1

Pb010252_edited1

Pb010247_edited1

太宰府のつづき。。。

太宰府天満宮ではちょうど菊花展が催されていました。

一枚目は天満宮本殿です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

太宰府。

Pb010261_edited1

Pa260035_edited1

Pa260026_edited1

Pa260031_edited1

九州遠征のおり、あい間をみて大宰府へ。

写真は太宰府天満宮の本殿裏手、一番奥にあるお茶屋さん「お石茶屋」。

昔ながらの風情ある店構えです。

喧騒を避けゆっくりしたい方にはおすすめかも。。。

天気が良いと外で頂くこともできますが、あいにくこの日は雨模様。

太宰府名物の梅ヶ枝餅の抹茶セットと栗ぜんざいを頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

名勝負。

Pb020319_edited1

天皇賞・秋、実に見ごたえのあるレースでした。

スローペースの上がりのみのレースが多い中、よどみないペースで逃げたダイワスカーレットが粘り、ウオッカ、ディープスカイ、エアシェイディが中段から迫り、後方2番手からカンパニーがぐんぐん追い込んでくる、最後まで息の抜けない大激戦となりましたね。

私の中ではスペシャルウィークが怒涛の追い込みを決めたレース以来の記憶に鮮明に残るであろう名勝負です。

エアシェイディは5着と敗れはしましたが、このメンバーの中よく頑張ったと思います。

あと、ウオッカは確かに強かったですが、休み明けをあのペースで逃げ最後差し返す踏ん張りを見せたダイワは勝ったに等しいパフォーマンスを発揮しました。

休み明け、目標にされる不利を差し引けば実力はダイワの方が上かな?

ウオッカも外を回すコースロスがあるからやはり甲乙付けがたいですかね。。。

この歴史に残る実力牝馬2頭が同じ世代から出たのだから不思議なものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天皇賞(秋)。

Pb010162_edited1_2

さて、やってきました天皇賞・秋。

狙いはもちろんエアシェイディ。。。

エアシェイディの最高のパフォーマンスを発揮できる舞台が、この東京2000mではないかと思います。

ただ、ここは断然抜けた存在の馬が一頭いますね・・・ウオッカ。

恐らく勝つのはこの馬でしょう。

ということで話は早く、エアシェイディとウオッカの3連単にウオッカの単勝を押さえることにします。

3連単のひもに東京走るアサクサキングス、ディープスカイ、ポップロック、ハイアーゲーム(ハイアーも東京2000は初ということで)、

昨年3着・横山典の選んだカンパニー、重賞連勝ドリームジャーニー、

超スローに備えダイワスカーレット、オースミグラスワン、

相手なりに走るアドマイヤフジ、サクラメガワンダーまで。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

単勝
14

3連単
14→3→1,2,5,7,8,9,11,13,16,17
14→1,2,5,7,8,9,11,13,16,17→3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »