« おたるの滝。 | トップページ | ゆうやけ。 »

2010年10月 7日 (木)

チャリDE本島。

瀬戸内国際芸術祭を横目に、

丸亀市の沖に浮かぶ本島に行ってみました。

本島へは丸亀港からフェリーか旅客船で行けます。

本島は信長・秀吉・家康の時代に塩飽(しわく)水軍として、自治を認められたほど栄えた島です。

P9267611_edited1

自転車は車両扱いなのでフェリーで出発。

P9267618

本島の南に位置する牛島を通過するとすぐに本島港に到着です。

島の南側にある本島港から、左回りに進んでみますと、、、

立派な古そうな建物に出くわします。

P9267767_edited1

本島勤番所です。

自治を認められた島の政を行う中心部、、、かな。

P9267774_edited1

つづいて向かうは、本島一の見晴らしの展望台へ。

ちょ~激坂の道を登り、ちゃりを置いて遊歩道を登ると遠見山展望台です。

P9267627_edited1

よい見晴らし。

本島からは瀬戸大橋を真横から見ることができるのです。

P9267645_edited1

うろこ雲が見えますがぁ、めちゃ暑、汗だくです・・・。

P9267670_edited1

さて、もと来た道を戻り、東へ向かいます。

島の東側はずぅ~っと瀬戸大橋が見えっぱなし。

P9267674_edited1

で、次の目的地はここ、笠島まち並保存地区。

古くは江戸時代からの家屋が残る、昔懐かしい町並みです。

P9267679_edited1

丸ポストも。

P9267692_edited1

島の東から北へ向かいますと、

徐々に坂道になりだらだら坂が・・・。

P9267708_edited1

だらだら坂の途中で撮影(休憩)。。。

島の北側に位置する屋釜海水浴場です。

ちなみに丸亀市の海水浴場は島にしかありません。

P9267721_edited1

ちゃりはどんどん進んで島の西側へ。

ここ、見覚えあります?

映画「機関車先生」のロケ地です。

わたしは観てないので初見ですけど・・・。

P9267711_edited1

P9267719_edited1

古いオルガンがありました。

懐かしいね。

P9267731_edited1

ロケ地からすぐの夫婦倉。

二連式の土蔵は珍しく保存されてるよう。

P9267734_edited1

裏に回ると引き戸があり、試しに空けてみると、あいちゃいました。

中は二つに仕切られてて、2階への階段が二つ同じように付いてましたよ。

P9267738_edited1

また始まっただらだら坂の途中にあるゆるぎ岩観音。

上に乗っかってる岩がぐらぐら揺れるらしい・・・。

なにかの由来があるのでしょうか。

その怪しさから揺らしてみる気にはならず。。。

P9267757_edited1

ほぼ島をぐるっと一周しまして、最後は、

島の南に位置する泊海水浴場です。

港から西に進むとすぐの場所になりますね。

砂浜の向こうに瀬戸大橋、対岸に牛島が見渡せ、景観は抜群。

ただ今、「咸臨丸渡米150周年記念事業in本島」開催中らしいよ。

|

« おたるの滝。 | トップページ | ゆうやけ。 »

自転車」カテゴリの記事

島サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャリDE本島。:

« おたるの滝。 | トップページ | ゆうやけ。 »