« 原不動滝の滝つぼへ。 | トップページ | 鮎返りの滝と大山登山道。 »

2011年6月23日 (木)

大山滝。

P6197180_edited1

P6197236_edited1

P6197242_edited1

P6197339_edited1

P6197312_edited1

P6197389_edited1

2週連続となる今回の遠征は鳥取県へ。

目標は日本の滝100選である大山滝。

大山滝へは一向平(いっこうがなる)キャンプ場から大山登山道を40分ほどで到着です。

途中、登山道崩落地点を迂回する新しく設けられた遊歩道は階段でかなりの急勾配であります。

行きは下りで慎重に、帰りは上りで喘ぎながら・・・。

この時期の登山道はあたり一面緑一色でとてもきれい。

滝に向かう遊歩道では今までで断トツ№1です。

登山をするみなさんの気持ちが少し分かったような気がします。

大山滝は観瀑台からと滝つぼに降りてからも見ることができます。

滝つぼへは垂直に近い山肌をチェーン伝いに降りますが、特に問題ないかと。

滝は段瀑のお手本のような2段で、上段と下段両方に滝つぼがあります。

昔は3段だったらしいのですが、台風の増水で1段目が崩壊し現在の形となったようです。

3段瀑であった姿の白黒写真が一向平キャンプ場の山小屋に飾られています。

滝からキャンプ場に戻ったのはお昼にはやや早い時間。

山小屋の向かいに食堂的なものがあります。

外からは手打ちそばとかバーベキュウハウスなる看板も見えます。

焼肉なのかそば屋なのかよくわかりませんが入ってみることに。

店内は店員のおばちゃんが二人のみ・・・。

メニューには盛りそばとかけそば、それにてんぷらそば、カレーもあったような。。。

とりあえず盛りそばを注文。

待っている間、店内をぐるぐる見渡すと焼肉のメニューと焼肉用のテーブルがあります。

焼肉がメインなのでしょうか?

目の前に来た盛りそばは細面でこしがあり、量もそこそこ。

おいしくいただけました。

それにしても焼肉が気になります。

うちに帰って調べてみると、キャンプ場手前の牧場で育てている牛さんのお肉を使っていて七輪で焼くようです。

すべてひっくるめて、とてもよいところだったのでぜひ再訪したい場所であります。

そのときは焼肉で。。。

|

« 原不動滝の滝つぼへ。 | トップページ | 鮎返りの滝と大山登山道。 »

ZD 12-60mmSWD」カテゴリの記事

E-5」カテゴリの記事

滝(本州)」カテゴリの記事

コメント

いいタイミングで訪問されたようですね。
私が訪れた時には滝壷へのルートはほぼ使用禁止状態でした。
天候はよかったのですが、それゆえに撮りにくい状態でもありました。
四国とは異なる水の色合いが印象的です。
私も再訪したい滝の一つですね。

投稿: | 2011年6月24日 (金) 21時36分

yamatoさんかな?こんばんは。
大山滝は南向き?なのでしょうか。
時折顔をのぞかせる太陽に少し悩まされましたが、なんとか満足できました。
滝つぼは晴れている日のほうがきれいに見えるんでしょうね。
滝つぼへは今回は無事に下りることができました。
時期によっては注意が必要のようですね。

投稿: まっすー | 2011年6月25日 (土) 00時32分

失礼しました。名前を入れ忘れていましたね。
本文中でも触れられていましたが、登山道中の眺めは見事でした。
特に、急階段を下りる手前で木々の間から見える大山はすばらしかったです。
ここへは、登山装備の方達に混じって滝目的の軽装備の人もいて、
交わす挨拶も楽しかった記憶があります。

投稿: yamto | 2011年6月25日 (土) 08時15分

yamtoさん、こんばんは。
登山道は一面の緑でとてもきれいでした。
この日は私が一番乗りで行きは誰にも会いませんでしたが、
帰りは何組かの方とすれ違い軽いあいさつを交わしました。
三脚を持ったカメラマン風の方には滝の情報を聞かれたりもしました。
それがちょうどきつい階段のところで、ハァハァいいながらお答えしましたよ。

投稿: まっすー | 2011年6月25日 (土) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山滝。:

« 原不動滝の滝つぼへ。 | トップページ | 鮎返りの滝と大山登山道。 »