« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

ちゃりさんぽ。

P8280187_edited1

P8280214_edited1

まだまだあちぃですね。

日曜日、昼間は暑いので夕方に自転車で近所をさんぽ。

1枚目は自転車歩行者道沿いで見つけたきのこ。

座り込んで何やら撮ってる人・・・傍目には怪しさ満点です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

カンナ。

P8149384_edited1

お盆休みの写真です。

さぬき市長尾のマキノグラウンドを囲むようにカンナが栽培されています。

四国新聞に載ってたらしく行ってみましたが、やや元気がなくなってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

まるがめ婆娑羅まつり花火大会2011。

P8200001a_edited1

P8200036a_edited1

P8200049a_edited1

P8200068a_edited1

P8200076a_edited1

P8200168a_edited1

明日から出張のためブログ開設以来初の本日2度目の更新。

昨日は丸亀の花火を見に行ってきました。

今年は丸亀城を前景に入れての撮影ですが・・・。

・・・ほとんど煙で見えません。

煙の向こうで花火が上がっております。

中盤で若干風が出て煙が流されましたが、それもつかの間。

ずっと6枚目の状態、煙に「千輪菊」がちりばめられております・・・。

しかも、レンズ短いしぃ・・・。

真四角写真にしてみました。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高瀑渓谷の滝(おしまい)。

P8159949_edited1

P8159965_edited1

高瀑渓谷、最後は赤ノベラ(1枚目)と御来迎の滝(2枚目)。

赤ノベラは登山道入り口からすぐ。

高瀑に向かう途中に木の間から見え思わずきれいと。

赤ノベラです。帰りに寄りましょう、とおいわさん。

帰りに寄ってもらい、時間も押していることでここは手持ちで撮影。

駐車場に戻りyamtoさんの車で林道を帰ります。

林道途中にある滝にも寄ってもらえるよう。

御来迎橋を少し遡ると本流に流れ込む細い滝がありました。

これが御来迎の滝、名は体を現して・・・いない滝であります。。。

このあと諏訪神社でおいわさんとお別れし、帰りもyamtoさんにお世話になります。

yamtoさん、おいわさん、大変ありがとうございました。

おまけ

P8159751_edited1

P8159723_edited1

P8159745_edited1

高瀑渓谷に咲く黄色い花。(決して名前を忘れたわけではありません)

おいわさんがこの時期高瀑に向かうのはこの花を見るのも目的の一つのよう。

一人で行けばまず気づかないでしょうし、気づいたとしてもこれがどんな花であるかもわからず仕舞いでしょう。

今回はホントによい経験をさせていただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

高瀑渓谷の滝(3)。

P8159812_edited1

P8159935_edited1

P8159873_edited1

P8159915_edited1

P8159844_edited1

P8159880_edited1

登山道から下に見えるのぞきの滝。

行きは上から見ただけで通過。

帰りに寄ってもらいました。

この辺から適当に下るんだよとおいわさん。

確かに踏み後もなく、登山道から斜面を適当に下って滝前へ。

この滝は登山道から見た平面的に見える姿が一番きれいかなと感じました。

ただ、登山道からでは木に隠れてしまいますが。。。

この滝も丸渕同様、透明感のある深い緑色の広い滝つぼを有します。

滝は分岐型で色んな方向から撮影が楽しめます。

後で画像の時間を確認するとここで50分ほど撮影していたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

高瀑渓谷の滝(2)。

P8159447_edited1

P8159788_edited1

P8159441_edited1

P8159794_edited1

P8159772_edited1

高瀑登山道の中間付近にある丸渕です。

ここでは行きと帰りに休憩、2度の撮影機会がありました。

透明感のある深緑色の淵がとても印象的な滝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

高瀑渓谷の滝(1)。

P8159687_edited1

P8159672_edited1

P8159693_edited1

高瀑からの帰りは登山道沿いの滝を撮影しながらとなりました。

まずは高瀑のすぐ下にある名前のない滝。

すぐ上が高瀑のため全く人気がないらしく、滝へ接近する踏み後さえありません。

おいわさんを先頭にやぶを掻き分け滝に近づきます。

滝は高瀑に似たごつごつした岩肌を落水し、浅い滝つぼを有します。

この渓谷の淵はどこもそうですが、澄んだ水でとてもきれい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

高瀑。

P8159458_edited1

P8159501_edited1

P8159614_edited1

P8159514_edited1

P8159626_edited1

愛媛県は西条市の高瀑(たかたる)です。

お盆休みの15日、当ブログにコメント頂いたことでお知り合いになったyamtoさんからの

願ってもないお誘いによって高瀑行きが実現しました。

ご一緒させていただくのはある筋では超有名人の愛媛のおいわさん。

おいわさんのホームページを羨望の眼差しで観ていた自分がまさかご一緒できるとは夢のよう。

複数で滝へ行くのは初めてのことで、嫁にこのことを話すとくれぐれも「KY」にならんようにと釘を刺される・・・。

早朝、yamtoさんに丸亀で拾ってもらいおいわさんと待ち合わせの諏訪神社へ。

待ち合わせ時間より早く到着したので、yamtoさんに付近の滝や諏訪神社を案内してもらう。

そうこうしているうちに一台の車が到着。

おいわさんだ。

諏訪神社で初めてお会いするおいわさんはホームページから想像していた人物像(やや毒のある方だと思ってました)とは違いとても丁寧で紳士的な方でした。

諏訪神社から高瀑駐車場まではかなりの悪路で、おいわさんと私を乗せここもyamtoさんのSUV車で出発する。

yamtoさんには完全におんぶにだっこである。。。

林道は轍が深く、岩がむき出しで落石もゴロゴロしている。

時折ガコンと車の底をこする度yamtoさんの心の広さに感服する。

30分か40分ほどで着いた駐車場には私たちの車だけ。

装備を整え、おいわさんを先頭に私、yamtoさんの順で登山道を進みます。

おいわさんは時折立ち止まり私たちのペース配分を考慮してくれているよう。

人の後を歩いたので全く覚えていないが、川を何度か渡渉し、朽ちかけた木の梯子を登ったりしつつ進みます。

途中、赤ノベラ、のぞきの滝を通過。

帰りに寄りましょうとおいわさん。(超うれしい私)

そして、丸渕で大休止。

写真を撮っていいですかと私。

大休止ですからいいですよとおいわさん。(超うれしい私)

三者三様にあらゆる方向から丸渕を十二分に撮影して高瀑へ向かいます。

高瀑直下の無名滝を過ぎると高瀑はすぐそこだよとおいわさん。

無名滝は高瀑があまりに立派過ぎ誰も立ち寄らず踏み後さえない悲しい滝のよう。

ここも帰りに寄ってみましょうとおいわさん。(超うれしい私)

無名滝を過ぎて間もなくど~んと高瀑が姿を現しました。

なんという落差!

ものすごく大きく広い切り立った断崖が目の前に広がり、一直線に滝が落ちている。

流れ落ちる流身の一部は途中で霧散するほどだ。

おいわさんいわく、プチエンジェルホールと。

なるほど言われてみればそうかもしれない。

あいにくの曇り空であるがみなさん早速撮影開始。

思い思いの場所から撮りまくります。

なんとも白い空が残念で、なんとか空を入れずに撮れないか試行錯誤するが難しい。

ここは青空バックに水しぶきがキラキラするのがきれいなのだとおいわさん。

そんなとき少し日が差してくる。

滝を見上げると水しぶきと断崖がキラキラ光ってとてもきれい。

思わず、お~っと声が出る。

「まっすーさん、高瀑へ来たらこれを撮らないかん」とおいわさん。

おいわさんが崖によじ登って撮りはじめたので、私も後を追い撮ろうとするが・・・。

カメラはスローシャッター設定でレンズにはフィルター。

いいの撮れたやろ?的なおいわさんの表情だが、私はまだ一枚も撮っていない・・・。

急いでフィルターを外し高速シャッターに設定変更する。

なんとか数枚撮ったところで(5枚目)、またしても日が陰ってしまう。

この後、十数分待つが太陽が出てきそうにありません。

ここで思わずあくびをしてしまったのだが、この直後おいわさんが晴れそうにないからもうやめようと一言。

ありゃ、あくび見られたかな。

前日、嫁に言われた「KY」が頭をよぎる・・・。

最後はyamtoさんのカメラで記念撮影して高瀑をあとに。

帰りは高瀑直下の無名滝、また丸渕、のぞきの滝、赤ノベラで撮影時間を割いてもらいつつの下山となります。

他の写真はまた次回。

(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

たくま港まつり・花火大会2011。

P8139354a_edited1

P8139375a_edited1

P8139367a_edited2

P8139368a_edited1

土曜日は三豊市詫間町の花火大会に行ってきました。

いつもの打ち上げ数は600発ですが、今回は40回目のお祭りとのことで1100発です。

尺玉も6発ほど打ち上げられました。

花火のあとはそのままペルセウス座流星群の流星を見ようと思ってたのですが・・・。

満月に近い月明かりのため全く見えず。

一つでも見えれば、その方向にカメラを向けて撮影を始めるつもりでしたが、

一枚も撮らずじまいで今年は終了・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

薄暮~夜景。

P8079169a_edited1

P8079174a_edited1

カメラ片手に道端で花火見物場所を検討中、散歩中の年配の男性に声をかけていただきました。

海に写る街灯がきれいだから、ぜひ写真を撮って帰って下さいと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

鳴門市納涼花火大会2011。

P8079177a_edited1

P8079263a_edited2

日曜日は鳴門市の花火大会に行ってきました。

ここの花火を見るのは今回が初めて。

前もって地図を見て決めていた場所で花火を待ちましたが・・・。

高台からと違い、打ち上げ場所がわからないうえに、どのくらいの高さに上げるのかもわからず。

そして不意に花火開始・・・。

あれ?

思っていたより15分早くはじまり全く不意をつかれる。

花火が建物や橋に隠れてなかなかポジションが決まらず、

打ちあがる花火に向かって右へ左へカメラ付き三脚を抱えて駆け回ることに。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

にこ淵。

P7248861_edited1

P7248893_edited1

P7248895_edited1

西滝、権現滝から車に戻りしばらくすると激しい雨に。

近くにあるにこ淵にはまだ行ったことがなかったので、にこ淵入り口付近で待機。。。

数十分待ったでしょうか、小雨になってきたのでチャンスとばかりにこ淵に向かいます。

晴れていればライトブルーのきれいな滝つぼが拝めたはずなのですが・・・。

残念ながら雨模様なので仕方ありません、ダークグリーンで我慢します。

もっと撮影したかったのですが、また雨が激しくなりました。

カメラはへっちゃらですが、晴れスタイルの人間が持ちません。

今度は晴れの日にと思いつつ車へ戻ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

西滝と権現滝。

P7248699_edited1

P7248795_edited1

P7248774_edited1

P7248809_edited1

ずいぶん間のびしてしまいましたが、程野の滝のつづき。。。

東滝の次に向かったのが西滝と権現滝。

1~3枚目は西滝、4枚目が権現滝です。

西滝は100m、権現滝は50mくらいの落差があるようですが、

遊歩道からはともに滝の一部しか見ることができません。

権現滝を更に遊歩道を進むと4本目の大樽の滝の滝口に出ますが、当然滝は見えません。

前回はそれを知らず、しんどい思いをしてがっかりした苦い思い出が・・・。

今回はもちろん権現滝までで引き返しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

さかいで大橋まつり「海上花火大会」2011。

P8069092a_edited1

P8069093a_edited1

P8069095a_edited1

P8069098a_edited1

昨日は坂出の花火を見に行ってきました。

坂出の花火は県下でも数少ない尺玉が上がる花火大会です。

昨年の反省(瀬戸大橋が全く入らず・・・)から、

今年は数度のロケハンを重ねて場所を決めまして、結果、想定どおり橋は入りました。

ただ、橋を欲張りすぎて尺玉の迫力に欠けるでしょうか。

来年はまた違うところを探してみようかとも思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

東滝。

P7248688_edited1

P7248671_edited2

P7248675_edited1

P7248585_edited1

高知県いの町の程野の滝の東滝です。

先日の台風の数日後に行ってみました。

ここへは5年ぶりくらいになりますが、そのときはちょろ滝で残念なことに。。。

そして今回、台風での増水を期待して久しぶりに行ってみたのですが。

上段が2条となるなど前回に比べ増水はしておりますが思ったほどでは・・・。

近寄れないくらいの豪瀑とまでは、なかなかならないものですね。

台風通過直後ならまた違ったのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »