« たくま港まつり・花火大会2011。 | トップページ | 高瀑渓谷の滝(1)。 »

2011年8月17日 (水)

高瀑。

P8159458_edited1

P8159501_edited1

P8159614_edited1

P8159514_edited1

P8159626_edited1

愛媛県は西条市の高瀑(たかたる)です。

お盆休みの15日、当ブログにコメント頂いたことでお知り合いになったyamtoさんからの

願ってもないお誘いによって高瀑行きが実現しました。

ご一緒させていただくのはある筋では超有名人の愛媛のおいわさん。

おいわさんのホームページを羨望の眼差しで観ていた自分がまさかご一緒できるとは夢のよう。

複数で滝へ行くのは初めてのことで、嫁にこのことを話すとくれぐれも「KY」にならんようにと釘を刺される・・・。

早朝、yamtoさんに丸亀で拾ってもらいおいわさんと待ち合わせの諏訪神社へ。

待ち合わせ時間より早く到着したので、yamtoさんに付近の滝や諏訪神社を案内してもらう。

そうこうしているうちに一台の車が到着。

おいわさんだ。

諏訪神社で初めてお会いするおいわさんはホームページから想像していた人物像(やや毒のある方だと思ってました)とは違いとても丁寧で紳士的な方でした。

諏訪神社から高瀑駐車場まではかなりの悪路で、おいわさんと私を乗せここもyamtoさんのSUV車で出発する。

yamtoさんには完全におんぶにだっこである。。。

林道は轍が深く、岩がむき出しで落石もゴロゴロしている。

時折ガコンと車の底をこする度yamtoさんの心の広さに感服する。

30分か40分ほどで着いた駐車場には私たちの車だけ。

装備を整え、おいわさんを先頭に私、yamtoさんの順で登山道を進みます。

おいわさんは時折立ち止まり私たちのペース配分を考慮してくれているよう。

人の後を歩いたので全く覚えていないが、川を何度か渡渉し、朽ちかけた木の梯子を登ったりしつつ進みます。

途中、赤ノベラ、のぞきの滝を通過。

帰りに寄りましょうとおいわさん。(超うれしい私)

そして、丸渕で大休止。

写真を撮っていいですかと私。

大休止ですからいいですよとおいわさん。(超うれしい私)

三者三様にあらゆる方向から丸渕を十二分に撮影して高瀑へ向かいます。

高瀑直下の無名滝を過ぎると高瀑はすぐそこだよとおいわさん。

無名滝は高瀑があまりに立派過ぎ誰も立ち寄らず踏み後さえない悲しい滝のよう。

ここも帰りに寄ってみましょうとおいわさん。(超うれしい私)

無名滝を過ぎて間もなくど~んと高瀑が姿を現しました。

なんという落差!

ものすごく大きく広い切り立った断崖が目の前に広がり、一直線に滝が落ちている。

流れ落ちる流身の一部は途中で霧散するほどだ。

おいわさんいわく、プチエンジェルホールと。

なるほど言われてみればそうかもしれない。

あいにくの曇り空であるがみなさん早速撮影開始。

思い思いの場所から撮りまくります。

なんとも白い空が残念で、なんとか空を入れずに撮れないか試行錯誤するが難しい。

ここは青空バックに水しぶきがキラキラするのがきれいなのだとおいわさん。

そんなとき少し日が差してくる。

滝を見上げると水しぶきと断崖がキラキラ光ってとてもきれい。

思わず、お~っと声が出る。

「まっすーさん、高瀑へ来たらこれを撮らないかん」とおいわさん。

おいわさんが崖によじ登って撮りはじめたので、私も後を追い撮ろうとするが・・・。

カメラはスローシャッター設定でレンズにはフィルター。

いいの撮れたやろ?的なおいわさんの表情だが、私はまだ一枚も撮っていない・・・。

急いでフィルターを外し高速シャッターに設定変更する。

なんとか数枚撮ったところで(5枚目)、またしても日が陰ってしまう。

この後、十数分待つが太陽が出てきそうにありません。

ここで思わずあくびをしてしまったのだが、この直後おいわさんが晴れそうにないからもうやめようと一言。

ありゃ、あくび見られたかな。

前日、嫁に言われた「KY」が頭をよぎる・・・。

最後はyamtoさんのカメラで記念撮影して高瀑をあとに。

帰りは高瀑直下の無名滝、また丸渕、のぞきの滝、赤ノベラで撮影時間を割いてもらいつつの下山となります。

他の写真はまた次回。

(つづく)

|

« たくま港まつり・花火大会2011。 | トップページ | 高瀑渓谷の滝(1)。 »

ZD 12-60mmSWD」カテゴリの記事

滝(愛媛)」カテゴリの記事

E-5」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
やはり撮り方が私とは違うようで、高瀑の感じも違って見えますね。勉強になります。
私もブログに3日連続UPとなりました。パーティを組んでいくのも楽しいものです。
一点ご配慮を。
文中の黄色い花に関しては、おいわさんは正確な場所と名前を、あえて伏せておられるようです。
押しかけて荒らされることや、慣れない人が訪れようとして事故があってはいけないとの
思いだと察しております。
出来れば、ご留意ください。

投稿: yamto | 2011年8月18日 (木) 08時01分

yamtoさん、こんばんは。
青空であればまた違った撮り方ができたんでしょうが、今回は難しかったです。
黄色い花に関しては名前を伏せるなど配慮したつもりでしたが、ちょっと具体的な部分もありましたでしょうか。
それらの部分については省きましたのでご安心を。

投稿: まっすー | 2011年8月18日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高瀑。:

« たくま港まつり・花火大会2011。 | トップページ | 高瀑渓谷の滝(1)。 »