« イチョウと菊盆栽。 | トップページ | 夫婦滝Ⅱ。 »

2011年11月14日 (月)

夫婦滝。

Pb131902a_edited1

Pb131909a_edited1

Pb131934a_edited1

Pb131944a_edited1

Pb131956a_edited1

昨日は御来光の滝にご一緒させていただいたみなさんと鞍瀬渓谷の夫婦滝に行ってきました。

高瀑、御来光の滝に続く石鎚山系の秘瀑滝めぐり3本目であります。

待ち合わせのりんりんパークまでは夏の高瀑に続きyamtoさんのお世話になります。

りんりんパークでなかちゃん、そしておいわさん、京都からお見えの海道さんと合流し、yamtoさんの車に乗り合わせて登山道入り口まで向かいます。

途中、御来光の滝でご一緒したKさんと合流し登山口に到着。

少し遅れて場所を行き過ぎて戻ってこられたT夫妻が到着。

今回は総勢8名での滝行となりました。

登山道入り口付近はイノシシの掘り返した跡が目立ちます。

そして、次第に歩きにくくなる登山道・・・。

登山道はかなり荒れています。

藪に遮られ登山道を見失うほどです。

さらに進むと登山道はか細くなり、斜面をトラバースに近い状態となります。

数度の渡渉と梯子ゾーンを乗り越え、ようやく夫婦滝にたどり着いたのは正午過ぎ。

出発から4時間近くかかりました。

4年前においわさんとなかちゃんが訪瀑したときは2時間ちょっとだったとのこと。

登山道も歩きやすかったのだそうだ。

滝前で昼食後、早速撮影です。

E-5と12-60㎜は入院中なので、この日はE-3と新規導入した9-18㎜だ。

カメラを準備していると、おいわさんに滝直下までのルートを教えて頂いた。

おいわさんはそのまま滝直下へと向かわれます。

まずは、夫婦滝の手前の小滝の前から撮影開始です。

1、2枚目、手前の小滝に奥に見えるのが直瀑の雄滝です。

そして3枚め、雄滝の左側に見える分岐瀑が雌滝です。

少し斜面を登ぼると雌滝がはっきり見えました。(4枚目)

5枚目は同じところから見た小滝の渕。

すっごく透明なエメラルドグリーンがとてもきれい。

滝直下で撮影中のなかちゃんも見えますね。

先行して滝直下へ向かったおいわさん、なかちゃんに次いで滝直下へ向かいます。

つづく。。。

|

« イチョウと菊盆栽。 | トップページ | 夫婦滝Ⅱ。 »

E-3」カテゴリの記事

ZD 9-18mm」カテゴリの記事

滝(愛媛)」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

まっすーさんは本滝の写真が中心になりますね。
私はコンデジで撮った道中写真を結構使うつもりです。
おいわさんはレポート完成、なかちゃんも2/3まで、
Kurenaikaiさんは写真UPされています。私も2/3までアップできました。

3枚目、私が撮り損ねたアングルです。
両方の滝が一度に見レるアングルで撮っておくべきだったと反省しきりです。

続きを楽しみにしています。

投稿: yamto | 2011年11月15日 (火) 21時25分

yamtoさん、こんばんは。
みなさん早いですね。
私は写真の選別やら記事を書くのに手間取っております。

道中の写真があると滝への行程がよくわかってよいですね。
風景も気軽に撮れますし。
私もコンデジが欲しくなりました。

投稿: まっすー | 2011年11月16日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501817/53247144

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦滝。:

« イチョウと菊盆栽。 | トップページ | 夫婦滝Ⅱ。 »