« 飛沫。 | トップページ | 氷瀑の高瀑へⅡ。 »

2011年12月24日 (土)

氷瀑の高瀑へ。

Pc233526a_edited1

Pc233557a_edited2

Pc233561a_edited1

Pc233531a_edited1

Pc233719a_edited1

Pc233615a_edited1

Pc233731a_edited1

昨日は今年2回目の高瀑に行ってきました。

凍り始めた高瀑を見に行きましょうとのなかちゃんの発案で計画された滝行に参加させていただきました。

メンバーは御来光、夫婦滝にご一緒したおいわさん、なかちゃん、yamtoさん、KUWAさんと初めてお目にかかるMakさん。

集合場所の諏訪神社まではまたまたyamtoさんにお世話になります。

諏訪神社からは6人yamtoさんの車へ。

相変わらずのガタガタ道を高瀑駐車場へ向かいます。

林道は薄っすら雪景色。

無事到着した駐車場には先客が1台。

みなさん誰か察しが付いている模様。

さなさん装備を整えおいわさんを先頭に出発です。

登山道は薄っすらの雪景色から次第に雪の厚みが増してきます。

対岸の山頂には霧氷、枯れ沢の岩は氷で覆われ、大きなつららが垂れ下がっています。

やがて休憩ポイントの丸渕に到着です。

前回は長く感じた丸渕までですが、今回はあっさり着いた感があります。

前回同様丸渕で撮影タイム。

滝に勢いがあるので凍結はしていませんが、周囲は大きなつららがあちこちに。

みなさんひとしきり撮影を終え、再出発です。

丸渕を高巻くと先頭のおいわさんが歓声をあげます。

遠望できた高瀑の上部は凍結していました。

薄っすら青みがかった氷と周囲の木々の霧氷がとてもきれい。

登山道の雪は更に厚くなり、向かえた高瀑直下の無名滝。

完全に凍結しています。

ここも薄っすらブルーの氷がきれいだ。

無名滝を横目に進み、やがて高瀑が見えてきました。

おぉ~、これはすごい・・・!!。

完全に凍結しています。

凍り始めを見る予定でしたが、ピキピキのカチカチです。

初めて見る私はどちらでも構いません。

夏の姿から一変、全く違う様相で迎えてくれました。

滝の最上部だけ水流があるだけで、あとはすべて大きなつららとなっています。

これはもう三脚は必要ありません、手持ちでの撮影です。

まずは直下から見上げて撮影(1枚目)。

登山道を少し引き返し全体を(2枚目)。

時折、雲が流れた隙間から青空がのぞきます。

つづいて氷瀑周囲の霧氷が写せそうな左の斜面によじ登ります。

断崖の付近まで登ると付近は巨大なつららが落下した氷の塊があちこちに・・・。

250㎜くらいの塊です。

見たことないけど、象さんの足の骨くらいの太さでしょうか???

これは頭に当たると危険です。

ただ、すごく透明な氷です。

まじまじと氷を見てると、さらに上部に登ってたおいわさんが「持って帰ったら」と。

持って帰りたいけど、yamtoさんの車がびしょびしょになってしまいます。。。

斜面を下り再び滝直下へ戻り、弁当タイム。

持ってきたのは、おにぎりとHOTのペットボトルだが、すでにHOTではない・・・。

みなさんは温かそうな魔法瓶持参。

じっとしてると寒すぎます・・・。

とっととおにぎり食べて、再び撮影開始。

撮影第二部へつづく。。。

|

« 飛沫。 | トップページ | 氷瀑の高瀑へⅡ。 »

ZD 12-60mmSWD」カテゴリの記事

滝(愛媛)」カテゴリの記事

E-5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷瀑の高瀑へ。:

« 飛沫。 | トップページ | 氷瀑の高瀑へⅡ。 »