« 氷瀑の高瀑へⅡ。 | トップページ | 双海のスイセン。 »

2011年12月27日 (火)

氷瀑の高瀑へ(おしまい)。

Pc233913a_edited1

Pc233950a_edited1

Pc233985a

Pc234008a

Pc233505a

Pc233523a_edited1_2

Pc234026a_edited1

Pc234017a

高瀑をあとに帰ります。

帰りは高瀑直下の無名滝によります。

夏あった藪が枯れて、夏の訪問時よりは少し楽に近づけたでしょうか。

無名滝も高瀑同様全面氷で覆われています。(1~4枚目)

滝つぼは手前の方から氷が張り始めているようです。

もう少し経つと全面凍り付くのでしょうか。

つづいて帰りに立ち寄るのは丸渕。

行きの休憩でも撮影しましたが、帰りにも少し撮影です。

5,6枚目が行きのときのもので、7,8枚目が帰りのときのもの。

6,7枚目のつららは同じつららです。

下流側(6枚目)と上流側(7枚目)から撮ってみました。

このつららは行きの時の休憩時においわさんに「あそこにつららがあるよ」と教えてもらったたものでして、

おいわさんはこれが至って気に入ったらしく、帰りにも帽子を三脚代わりに熱心に撮影しています。

さて、丸渕での小休止の後はずんずん帰ります。

ずんずんずんずん歩いたのであっという間に駐車場に到着。(時間的にはあっという間ではありませんが)

そして、yamtoさんの車で諏訪神社に無事到着です。

ここでおいわさんにお願いしてあった写真展の投売りの写真を受け取ります。

以前から部屋に滝の写真を飾りたいと思っていたのですが、自分の写真を飾る気にはなれません。

そこで、よい機会なのでおいわさんの写真を頂くことにしたのです。

諏訪神社でみなさんとお別れし、帰りはyamtoさんのお世話になり(yamtoさん、ありがとうございます)帰宅となりました。

|

« 氷瀑の高瀑へⅡ。 | トップページ | 双海のスイセン。 »

ZD 12-60mmSWD」カテゴリの記事

滝(愛媛)」カテゴリの記事

E-5」カテゴリの記事

コメント

一味違う色合いの写真の数々素晴らしいです。
三脚を使って丁寧に撮られていたからでしょう素晴らしい描写です。
これからも今の撮影スタイルを続けられ更に腕を磨かれ
素晴らしい写真を撮って見せてください。
今回の私の一番好きな写真は最後から2番目のツララです。最高です。

Myいってこうわいレポートへ
乱撮りの雑な写真で今回のレポをアップしました。笑ってご覧ください。

投稿: なかちゃん | 2011年12月27日 (火) 20時56分

なかちゃん、ありがとうございます。
ツララの写真、気に入ってもらえてうれしいです。
みなさんの写真をたくさん見て、上達できるようがんばります。

レポート拝見してますよ。
700枚の中から選りすぐられた臨場感溢れる写真は高瀑の迫力が十二分に伝わってきます。
同じ構図の昨年との比較写真はおもしろいですね。
昨年2月の方がもこもこ氷が成長しているのがよくわかります。
2月にもまた行ってみたいですね。

投稿: まっすー | 2011年12月27日 (火) 23時13分

まっすーさん、初めまして。
おいわさんのHPから流れてきました。
氷瀑シリーズ拝見いたしましが、どれも見事な冬景色を撮られてますね。
自身の写真を飾る気にはならないと言われますが、おいわさんの様にバーンと
大きくプリントしたらすごく見応えありそうです。
私も同じE-5を使ってますけど、まっすーさんの様に上手く滝を撮れそうにありません。(^ ^;
それでも近場の白猪の滝が凍ったら行って見ようかなって気になりました。

投稿: Falcon | 2011年12月29日 (木) 01時14分

Falconさん、はじめまして。
FalconさんもE-5なんですね。
滝での防塵防滴は心強く安心して使えますね。
おいわさんのHPによると白猪の滝は凍り始めているみたいです。
私もこの冬は久しぶりに行ってみたいです。

投稿: まっすー | 2011年12月29日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷瀑の高瀑へ(おしまい)。:

« 氷瀑の高瀑へⅡ。 | トップページ | 双海のスイセン。 »