« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

土器川。

P1224819a_edited1

カメラをさわらず仕舞いで一日終わりそうだったので、夕方、土器川へ。

先日の雨で土器川に水が流れていたので川原に下りられず。

写真は今週もアートフィルター使用です。

夕焼けで赤いわけではありません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ぶらぶらするんです。

P1154807a_edited1

今日は何もない日曜日。

お昼はいつものようにうどん屋へ(今日は「歩」)。

食事後、特に行くところもなくそのまま帰宅・・・。

嫁がレンタルDVDの「書道ガールズ」を観はじめたので一緒に観ることに。。。

三島のみなさんがあんなに大王の煙突に思い入れがあるのか?違和感を感じつつも見入ってしまいました。

写真はDVDのあと、ぶらぶら散歩にでかけたときのもの。

曇り空で夕焼けも期待できず、めぼしいものもないのでアートフィルターで遊んでみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

さんぽ。

P1084726_edited1_10

P1084756_edited1_2

P1084770_edited1_2

P1084780_edited1_2

この時期、特に撮るものもないので近場の公園をぷらぷらしてみることに。

日が差し込む前の日陰に霜が残っていたので玉ボケの写真で遊んでみました。

あとは特に被写体もなく・・・気がつけば土器川の河原に立ってました。

水の少ない土器川は対岸まで歩いて渡れそう。(渡ってませんけど。。。)

-おわり-

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

與田寺で厄除け2012。

P1034699_edited1

P1034695_edited1

1月3日、今年も厄除けのため與田寺へ。

当日は毎年、柴燈大護摩(→2009)が行われるので、昨年頂いたお札を持参し古いお札入れに納めます。

後は昨年と同様。

鐘楼脇の御祈祷申込書に住所(丁寧に書きましょう)、氏名、かぞえ年、願い事(私は厄除開運)、志納料に丸印をして五千円以上のお札の窓口でお札を頂きます。

ちなみに、志納料は・・・

1.二千円・・・お札のみ(一座の祈祷したお札)

2.五千円・・・お札と祈祷(一ヶ月間の祈祷)

3.一万円・・・お札と祈祷(三ヶ月間の祈祷)

4.二万円・・・お札と祈祷(一年間の常祈祷)

5.五万円・・・お札と祈祷(特別護摩祈祷)

・・・となっております。

お札を頂くと窓口の向かい側にある待合所に上がって待機します。

前のグループが終わると本堂に移動し、一旦お札を預けてお坊さんの御祈祷が始まります。

御祈祷の最後はお坊さんが祈願者の住所と名前を読み上げます。

申込書に読みやすく書いていないとはっきりと読み上げてもらえないので注意が必要です。

全員の名前が読み上げられると終了です。

自分のお札を受け取って帰ります。

一グループ当たり約30分くらいのサイクルで御祈祷が行われているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

初詣2012。

今年の四国八十八ヶ所初詣は足摺岬の38番金剛福寺から。

宿毛市内から1時間少々、最後に片側交通規制のある足摺スカイライン経由を避け、県道27号を南下して足摺岬駐車場に到着。

まずは足摺岬を散策します。

P1014414a_edited1
足摺岬展望台より。

P1014438a_edited1
同じく展望台より金剛福寺の多宝塔を。

P1014458a_edited1
遊歩道を東に回り天狗の鼻へ。

P1014489a
周辺の植生は亜熱帯樹林です。

ようやく金剛福寺に参拝します。

P1014500_edited1
仁王門。

P1014502_edited1
手水舎。海亀がいます。

P1014511_edited1
きらびやかな本堂内。

P1014514_edited1
傘みくじ?

大吉=快晴、大雨=末吉みたいです。

凶は何でしょう?台風でしょうか?雷雨?豪雨?

P1014521_edited1
大師堂の足元に鬼さんがいます。

P1014532_edited1
境内は大きな石がゴロゴロしています。

なかには鍾乳石も。

参拝後、もう一度足摺岬を散策。

今度は足摺岬灯台から西回りに。

P1014587a_edited1
天然記念物の白山洞門。

P1014596a_edited1
アロウド浜。丸い石がごろごろしています。

珊瑚的な石があったので拾って帰りました。

次は39番延光寺。

今度は足摺スカイラインを北上し、再び宿毛市内に戻ります。

P1014607_edited1
仁王門。

P1014609
鐘を乗せた海亀がいます。

P1014611_edited1
本堂。

P1014621_edited1
池にも海亀がいます。

続いて愛媛県に入り40番観自在寺に向かいます。

P1014626_3
仁王門。

P1014633_edited1
本堂。

P1014638_edited1
海亀に変わって狸がいます。

P1014675_edited1
まだ紅葉が残っていました。

P1014688_edited1
干支の天井絵がきれい。ここにも海亀がいました。

これにて今年の初詣は3ヶ寺で終了です。

宇和島の41番・42番まで周りたかったのですが、足摺岬で遊びすぎたので時間切れになりました。

来年は41番龍光寺からとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

宿毛のだるま夕日。

大晦日、宿毛でだるま夕日を見るため日没1時間30分前に現地に入るとすでに三脚の列ができていました。

みなさん県内の顔見知りのようで談笑されています。

三脚の列のぽっかり空いた間に三脚を立てさせてもらいだるま夕日を待ちます。

Pc312098a_edited1

三脚にE-5をセットしているのでE-3で撮影地を撮影。

中央の岩山の右側に夕日が落ちる予定です。

Pc314262a_edited1

徐々に太陽が沈んできます。

少し光芒が見えます。

Pc314283a_edited1

一旦雲に隠れます。

水平線上は雲はありません。

期待大です。

Pc314321a_edited1

太陽が水平線に近づき、海面に夕日が映り始めます。

しかし、海面に近づいても光線が非常に強く、太陽は白とび、暗部は黒つぶれしてしまいます。

Pc314326a_edited1

だるまになりました!!

非常にまぶしいだるまです。

Pc314339a_edited1

たこ焼きになってもまだ白とび・・・。

Pc314380a_edited1

沈みました。

雲に阻まれることなくだるま夕日を見ることができラッキーでした。

しばらく夕焼けを眺めて、宿に向かいます。

翌日は初詣に足摺岬の金剛福寺を目指します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

双海のスイセン。

Pc314141_edited1

Pc314179_edited1

Pc314220_edited1

Pc314127_edited1

Pc314124_edited1

あけましておめでとうございます。

写真は大晦日の双海のスイセンです。

恒例の初詣は足摺岬の金剛福寺から。

片道4時間以上はかかるので宿毛に前乗りです。

宿毛までの寄り道として、松山三越で開催されているオリンパス使いの動物写真家岩合さんの写真展に行くつもりでした。

しかし、数日前に見たおいわさんのHPで、以前から行ってみたかった双海のスイセンがすでに満開であることを知り予定変更したしだいです。

到着して坂道を登ると情報通り満開のスイセンが迎えてくれました。

青い空と海に向かって一面に広がるスイセンはとても見ごたえがあります。

スイセンを満喫した後は宿毛を目指します。

宿毛では前乗り最大の目的であるだるま夕日を狙います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »