« 石鎚山。 | トップページ | 唐岬ノ滝。 »

2013年10月15日 (火)

石鎚山Ⅱ。

弥山から天狗岳に向かいます。

Pa137424a_edited1
天狗岳方向は強烈な逆光、天狗岳直近から歩いてきた弥山方向を。

Pa137436a
天狗岳に到着しました。

奥は同じ高さの南尖峰。

Pa137437a
続いて南尖峰に向かいます。

Pa137450a
南尖峰手前の岩山から天狗岳、わずかに見える弥山を。

Pa137468a
南尖峰に到着。

Pa137481a
南尖峰から墓場尾根方面を。

Pa137486a
南尖峰から見る天狗岳と弥山。

Pa137519a
南尖峰付近の紅葉。

Pa137529a
東稜コースを見下ろす。

帰りはここを通る予定であったが・・・。

Pa137535a_edited1
続いて墓場尾根に下りてみる。

手前が大砲岩、奥が墓場尾根。

Pa137556a
墓場尾根の紅葉、全体的に残念な紅葉でしたが、ここが一番きれいでした。

Pa137565a
小さな紅葉。

Pa137570a
墓場尾根まで下って来た方向を見上げて。

このあと、東稜から下山する予定でしたが、離合の難しいルートに登って来る人が途切れることがなく東稜コースを断念。

来たルートを戻ります、が、こちらも登って来る人でいっぱい、弥山の鎖場で大渋滞しておりました。

なんとか弥山に戻ると朝とは比べ物にならないほどの人・人・人・・・で溢れかえっておりました。

そのまま下山するのですが、登って来る人は引っ切り無しでスカイラインとロープウェイの合流地点は大渋滞。

想像をはるかに超える石鎚山の人気っぷりに驚きつつの下山となりました。

案内してくれたKENさんと誘って頂いたyamtoさんに感謝。

|

« 石鎚山。 | トップページ | 唐岬ノ滝。 »

紅葉」カテゴリの記事

ZD 12-60mmSWD」カテゴリの記事

E-5」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

非常にたまにですが コメントさせてもらってます。

まっす-さん、山登りもされるのですね(゜o゜!
知らなかっただけかもしれませんが 結構驚きです。・・失礼。

わたしも紅葉時期ではありませんが、何度か石鎚に登りました。
・・が。 天狗岳は眺めるばかりです。。
だって、遠目に見るあの絶壁を這うようにして登る人の姿を見れば
・・恐怖としか思えないですし。。

軟弱者の私は 神社からの尾根道すら降りられません。


E-5担いでの登山。 お疲れ様です^^

投稿: 無料わっふる | 2013年10月17日 (木) 01時11分

まっすーさん お疲れ様でした。
まっすーさんの希望をもとに、KENさんに企画していただいた今回の石鎚、当初の目的100%とはなりませんでしたが、素晴らしい体験ができ、同行のお二人に感謝しています。

わっふるさん、私も高所恐怖症で、稜線を歩くのはひやひやです。晴れていれば何とかなるかな、というのが歩いてみての感想です。

投稿: yamto | 2013年10月17日 (木) 08時02分

無料わっふるさん、こんばんは。
山登りは里山程度で石鎚クラスは初めてです。
天狗岳までは弥山から見たのと実際に歩いてみるのでは印象が違います。
割と広くて歩きやすく転げ落ちる心配はありませんでしたよ。

50-200も持って行きましたが、使う余裕がありませんでした。

投稿: まっすー | 2013年10月17日 (木) 22時03分

yamtoさん、こんばんは。
yamtoさんとのご縁で御来光の滝や高瀑、そして石鎚山と一人では困難なところへ行くことができています。
今回もKENさんには墓場尾根まで連れて行ってもらいとてもよい経験になりました。
楽しい登山で帰ってこられてよかったです。
ありがとうございました。

投稿: まっすー | 2013年10月17日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石鎚山Ⅱ。:

« 石鎚山。 | トップページ | 唐岬ノ滝。 »