« 御来光の滝!2013。 | トップページ | 氷室の大滝2013。 »

2013年11月 4日 (月)

御来光の滝!2013Ⅱ。

御来光の滝のつづき。。。

Pb027710a
カエデ越しに御来光の滝を撮影しつつ、ごろごろした大岩を乗り越えて進みます。

Pb027720a

Pb027747a

Pb027755a
カエデの下に到着。

ここで一旦カメラと三脚をしまい滝直下に向かう。

他の3人はとっくに滝直下に着いている筈だ。

Pb027760a
滝前に到着。

他のメンバーが食事を済ませたのかどうかわからないが、とりあえず座り込んで食事にする。

だが、座り込んだところが滝の飛沫で濡れていたのかお尻がびしょびしょになってしまった。

ここですでに左岸側で撮影を済ませたおいわさんが戻ってきた。

代わってKさんが左岸に向かうようだ。

食事後はレンズを12-60㎜に交換し撮影開始。

Pb027770a

Pb027782a

Pb027789a
登ってきた方向を振り返って。

Pb027796a

一頻り右岸で撮影し、私も左岸に向かおうかと思ったが、Kさんが戻り始めてきた。

ここはなにか帰る雰囲気を感じたので近い滝直下に向かう。(大カエデに時間を使い過ぎたか・・・。)

Pb027799a

Pb027803a_2
このカットを撮る前においわさんからそろそろ帰りましょうと声がかかる。

左岸に行かなくてよかった・・・。

つづけてちょうど滝前に三脚を据えていたこともあり、記念写真係りに指名された。

四人並んでセルフタイマーで記念写真を撮ったのだが、スローシャッターであることを言い忘れており何人かは動体ぶれしてしまった。

さて、帰ります。

Pb027817a
写真は一気にワープして七釜。
ここで小休止。

2年前、ここで三脚にしっかり装着できていなかったカメラを落っことしてしまったのだ。

トラウマではないが、帰りは時短を心がけ三脚は出さない。

↑写真はおいわさんを真似してタオルの上にカメラを置いて撮ってみた。

Pb027834a
さらにワープして最後の渡渉ポイント。

ここを渡り小休止とエネルギー補給。

この後は最後にして最大の難関の谷の登り返しが待っているのだ。

今回はいつもの堰堤から登るのではなく、堰堤前のトラバース道から登り始めるみたいだ。

斜めに真っ直ぐ進むといつもの道に合流。

ここから厳しい急な登りが30分続くのか・・・、なにも考えず黙々と3人についていく。

しかし、Yさんは凄過ぎ、完全に負けてます。

車道の音が聞こえ始め、そして前方でおいわさんのガードレールが見えたとの声が聞こえる。

2年前は最後の最後で両足がつったのであった・・・、ここはあわてず力を要れずに登る。

そして白いガードレールが目に入る、なんとか3人に遅れることなくガードレールを跨げた。

前回の御来光の滝から2年、この2年間で最もしんどい一日となりました。

駐車場に戻って、次は冬の高瀑でと解散する。

次回の御来光の滝はぜひとも青空をと願いつつ、開通しているはずのよさこい峠を目指し帰る。

おしまい。

|

« 御来光の滝!2013。 | トップページ | 氷室の大滝2013。 »

紅葉」カテゴリの記事

ZD 12-60mmSWD」カテゴリの記事

滝(愛媛)」カテゴリの記事

ZD 50-20mmSWD」カテゴリの記事

E-5」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。今回は参加できず残念です。

黄葉は終わっているということでしたが、道中写真を見ると結構楽しめたようですね。
水量もちょうどいい感じだし。

来年はぜひ参加したいものです。
その前に、冬の高瀑でしょうか。

投稿: yamto | 2013年11月 6日 (水) 07時59分

yamtoさん、こんばんは。
お天気には恵まれませんでしたが、まだ2回目なので楽しめました。
水量はあれだけ台風がきてもそんなには増えないなぁ、という印象です。
来年こそは青空のもとご一緒したいですね。

投稿: まっすー | 2013年11月 6日 (水) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御来光の滝!2013Ⅱ。:

« 御来光の滝!2013。 | トップページ | 氷室の大滝2013。 »