« 太陽 | トップページ | 氷瀑の高瀑2015(2) »

2015年2月14日 (土)

氷瀑の高瀑2015

11日、滝仲間と高瀑に行ってきました。

高瀑は2年ぶり。

昨年は急な諸事情でキャンセルしてました。

いつものように丸亀でyamtoさんに拾ってもらい集合場所の諏訪神社に向かいます。

メンバーは4人かと思ってたら5人とのことだが、いつものメンバーだ。

諏訪神社から5人乗り合わせて滝駐車場に向かう。

数キロ進むと徐々に雪が深くなってくるが、yamtoさんの四駆のおかげで無事駐車場に到着。

久しぶりの長歩きにドキドキしながら装備を整え出発する。

2回渡渉したところでアイゼン装着。

昨年の高瀑のために購入し、白猪の滝の全景ポイントで予行演習して以来だ。

後から追いついてきた別のグループに道を譲り、そうこうするうちにのぞきの滝に到着。

滝つぼは凍っていないようだ。

P2111150a

つづいて出発から1時間少々で丸渕に到着。

P2111155a

ここで休憩。

滝つぼの水がとてもきれいだ。

丸渕を高巻き、しばらくすると真っ白の西の冠岳が見えると先頭のおいわさんの声が聞こえた。

開けたところで順番に写す。

P2111171a

高瀑下の無名滝を越えると木の間から高瀑が見えてきた。

完全に凍結しているようだ。

P2111177a

残念ながら滝上の木に霧氷はついていない。

P2111204a

曇っているが流れる雲の隙間から青空がのぞく。

P2111205a

青空の瞬間に写真を撮りながら昼食の準備をする。

P2111207a

KENさんが右岸に登っていた後を真似して登る。

P2111235a

P2111238a

対岸を見ると股下まである雪をかき分けて左岸を登って行くおいわさんが見える。

これはおこぼれにあずからねばならない。

右岸を下り、左岸に向かう。

P2111282a

おいわさんの通った後を進むが雪が深い。

そこそこ登ったところで雪をならして陣地を作り撮影開始。

P2111350a

滝の近くまで登っていたおいわさんが戻って来て、空いたのでどうぞと勧められるが、もうこれ以上進めないので、ここでいいですと丁重にお断りする。

P2111373a

陣地から動かず、雲の切れ目の瞬間に同じような写真を撮りまくる。

(2)へつづく。

|

« 太陽 | トップページ | 氷瀑の高瀑2015(2) »

滝(愛媛)」カテゴリの記事

雪景色」カテゴリの記事

コメント

まっすーさん こんにちは~
いい写真が撮れ良かったですね。
次回はみなさんのを参考にいい写真が撮れると良いですが・・・
と思っています。
お世話になりました。snow

投稿: takahama | 2015年2月14日 (土) 15時55分

takahamaさん、お疲れ様でした。
takahamaさんもnewカメラでいい写真が撮れたのでは?
行程は大変ですが、次は霧氷を期待してまた行きたいですね。

投稿: まっすー | 2015年2月14日 (土) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501817/61132093

この記事へのトラックバック一覧です: 氷瀑の高瀑2015:

« 太陽 | トップページ | 氷瀑の高瀑2015(2) »