花(菜の花)

2015年3月29日 (日)

なのはなとはなもも

P3281280a

花桃でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

アンパンマン列車。

P1096065b

みかん畑のみかんは畑の上部を残し、すでに収穫されてしまってました。

代わりに早くも菜の花が咲き始めてました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

宇和海と菜の花と予讃線。

P3183798_edited1

P3183779_edited1

P3183804_edited1

P3183832_edited1

P3183893_edited1

宇和島で偶然見つけたポイントです。

梅が咲いてるように季節は少し前に遡りますが・・・。

列車はトンネルとトンネルの間、わずかの距離で姿を現します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

江田の菜の花。

P4024080_edited1

P4024093_edited1

P4028951_edited1

徳島県神山町の江田地区の菜の花です。

明王寺のあとに寄ってみました。

広範囲に菜の花畑が点在しているので、臨時駐車場からぐるっと全部見て周るとけっこうな距離を歩くことに。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

長浜なのはな街道。

P3313937_edited1

P3313983_edited1_2

夕やけこやけラインを伊予市から大洲市の長浜に入ると、ここにも線路沿いに菜の花がつづきます。

線路を跨ぎ海の見える場所を探しつつ列車を待ちました。

1枚目は逆光の上り列車、2枚目は順光の下り列車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

双海の菜の花。

P3093517_edited1

P3093481_edited1

伊予市の双海付近、夕やけこやけライン沿いの菜の花です。

知らずに通りかかると思わず車を停めてしまうこと間違いなし、でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

大洲の菜の花。

P3093404_edited1

P3093428_edited1

P3093444_edited1

大洲市の五郎の菜の花です。

まだ満開前に立ち寄ったときのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

ナノハナ。

P3071928_edited1

P3071948_edited1

毎度おなじみ高松空港。。。

現在は西ウイングに菜の花が咲いています。

ファームアップでC-AFの連写スピードがあがったみたい。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

双海の菜の花。

引き続き夕焼け小焼けラインの菜の花。

P3132881
たこ焼きや「くじら」付近の菜の花。
線路の土手一面に菜の花が咲く。
どうやら近隣住民のみなさんが菜の花を植えているようです。

P3132878
道路のすぐ向こうは瀬戸内海が広がる。

P3132902
写真を撮ってるとちょうど踏み切りの警報音が鳴り出したのでカメラを構える。

P3132909
SSが遅すぎたようでぶれてしまった・・・。

この路線は一両編成のディーゼル車が走るローカル線。
電化された特急などは山間の新線を走ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

伊予長浜駅~下灘駅へ

大洲の五郎菜の花を見に行った後、大洲長浜線を経て夕焼け小焼けラインに向かいました。

大洲長浜線はJR予讃線が平行に走り、この時期、線路沿いには菜の花がずら~っと咲き誇っています。

P3132823_edited1
線路沿いの菜の花。

P3132851_edited1
JR伊予長浜駅。
寒桜?でしょうか。
偶然見かけたので立ち寄りました。

P3132830_edited1
雲り空だったのが残念・・・。

P3132842_edited1

P3132861_edited1
夕焼け小焼けラインもJRが平行に走る海沿いの快走路です。
線路沿いの菜の花は更に増え、黄色のラインが延々と続きます。

P3132864
日本一海に近い駅、JR下灘駅。
夕焼け小焼けラインよりも高い位置にあり、突然どこか見覚えのあるシルエットが目に飛び込んできました。

P3132870_edited2

P3132872_edited1

曇り空なのがつくづく残念・・・。
青空のときにまた訪れてみたいと思わせる眺めでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧