登山

2016年10月17日 (月)

石鎚山2016#2

天狗岳に行ってみる。

Pa100431a

弥山を振り返ると・・・こちらも雲海。

Pa100428a

そして南尖峰へ。

Pa100445a

南尖峰から天狗岳を。

Pa100455a

今年は墓場尾根はキャンセルする。

Pa100469a

去年より1週間遅いのだけれど、紅葉は一歩手前。

Pa100479a

戻ってきた。

Pa100497a

Pa100509a

Pa100536a

さて、帰る。

Pa100549a

土小屋駐車場に戻ったのはちょうどお昼。

駐車場は超満車である。

昼食にいもまんじゅうを買って帰る。

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

石鎚山2016

石鎚山に登ってきました。
今年も御来光を見ようと深夜の登山となりました。
あいにく登山道はガスりまくりで、ライトの明かりは足元しか見えません。
何とか着いた弥山はガスもなく快晴、見下ろせば先ほどまで通り抜けてきたガスが雲海となって広がっていました。

Pa100004a

徐々に空が白んで雲海が鮮明になってきます。

Pa100014a

Pa100016a

Pa100024a

Pa100073a

出ました。

Pa100143a

Pa100182a2

見える限り雲海、瓶ヶ森?の頭が覗いています。

Pa100328a

滝雲がどんどん流れます。

Pa100347a

Pa100390a

Pa100426a

弥山でひとしきり撮ったあとは頂上社で木札に加えて今年は御朱印を頂き志納させていただいた。

弥山でやることはやったので混雑前に天狗岳に行ってみる。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

石鎚山2015#3

墓場尾根に行ってみる。

Pa046177a
岩の端から東稜をのぞき込む。

Pa046193a
斜面を下って見上げる。

Pa046196a
墓場尾根を岩陰からのぞいてみる。

一昨年、ここからどうやって進んだのか・・・。

周りに誰もいない、ここまでにして戻る。

Pa046209a
下った斜面を登り返す。

Pa046220a
弥山にもどります。

Pa046229a

Pa046239a
天狗岳の岩間から。

Pa046244a
弥山の鎖下まで戻ってきました。

Pa046249a
これを撮って鎖を登る。

Pa046265a
弥山に戻り、最後にもう一度天狗岳を。

頂上社で祈祷木札を頂いて9:35下山開始。

Pa046277a
登りはまだ渋滞していない様子、スムーズに土小屋に到着。

帰りは地道でゆっくり戻り、夕方、だるま夕日を狙うが雲に阻まれる。

Pa046287a

| | コメント (2)

2015年10月 7日 (水)

石鎚山2015#2

天狗岳に行ってみる。

Pa046093a
弥山の鎖を降りたところ。天狗岳の影と私の影。

Pa046098a
雲が吹き抜ける弥山。

Pa046106a
天狗岳。

Pa046111a
頂上。

Pa046107a
天狗岳から弥山。

Pa046124a
振り返って南尖峰。

Pa046135a
南尖峰に行ってみる。

Pa046150a
南尖峰から天狗岳と弥山。

Pa046155a

Pa046166a

Pa046173a
墓場尾根に行ってみる。

| | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

石鎚山2015

日曜日、土小屋で車中泊して石鎚山の夜明けを見に行ってきました。

着いた弥山は風が強くとても寒かった。

空いたスペースに三脚を設置して待つが、冬の高瀑よりずっと寒く感じる。

6枚重ね着するが、じっとしていると寒い。

風を避けて頂上社の陰に移ると温度計が掛けてあった、7℃でした。

空が白んできたので撮影開始。

Pa045795a

Pa045815a

Pa045857a

出ました。

Pa045949a

Pa045970a

Pa045980a

Pa046032a2

Pa046036a

Pa046062a

同じような写真を大量生産した後は天狗岳に向かいましょう。

雲が勢いよく流れ、天狗岳にぶつかって吹き上がっている。

ドキドキ。

Pa046087a

| | コメント (0)

2013年10月15日 (火)

石鎚山Ⅱ。

弥山から天狗岳に向かいます。

Pa137424a_edited1
天狗岳方向は強烈な逆光、天狗岳直近から歩いてきた弥山方向を。

Pa137436a
天狗岳に到着しました。

奥は同じ高さの南尖峰。

Pa137437a
続いて南尖峰に向かいます。

Pa137450a
南尖峰手前の岩山から天狗岳、わずかに見える弥山を。

Pa137468a
南尖峰に到着。

Pa137481a
南尖峰から墓場尾根方面を。

Pa137486a
南尖峰から見る天狗岳と弥山。

Pa137519a
南尖峰付近の紅葉。

Pa137529a
東稜コースを見下ろす。

帰りはここを通る予定であったが・・・。

Pa137535a_edited1
続いて墓場尾根に下りてみる。

手前が大砲岩、奥が墓場尾根。

Pa137556a
墓場尾根の紅葉、全体的に残念な紅葉でしたが、ここが一番きれいでした。

Pa137565a
小さな紅葉。

Pa137570a
墓場尾根まで下って来た方向を見上げて。

このあと、東稜から下山する予定でしたが、離合の難しいルートに登って来る人が途切れることがなく東稜コースを断念。

来たルートを戻ります、が、こちらも登って来る人でいっぱい、弥山の鎖場で大渋滞しておりました。

なんとか弥山に戻ると朝とは比べ物にならないほどの人・人・人・・・で溢れかえっておりました。

そのまま下山するのですが、登って来る人は引っ切り無しでスカイラインとロープウェイの合流地点は大渋滞。

想像をはるかに超える石鎚山の人気っぷりに驚きつつの下山となりました。

案内してくれたKENさんと誘って頂いたyamtoさんに感謝。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

石鎚山。

滝仲間のKENさんとyamtoさんに同行して石鎚山に登ってきました。

御来光を見るために夜中に登り始め、途中、星空を撮影しつつ山頂に向かいました。

Pa137104a
松山の街明かり。

Pa137107a
よくわかりませんがオリオン座を撮りました。(木の左側)

Pa137114a
天狗岳の上に光跡が写りました。

流星でも飛行機でもなさそうな光跡、ISSでしょうか?

夜明け前に弥山に到着。

すでに多くの人と三脚が並んでいます。

空いたスペースに三脚を立てカメラをセットして御来光を待ちます。

Pa137221a
御来光間近です。

Pa137314a
出ました。

Pa137359a
光線が強くてコントラストが厳しいです。

Pa137369a

Pa137372a

紅葉は残念ながら終盤なのと色付きもイマイチなようでした。

天狗岳につづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

E-3 | E-5 | E-M1 | ZD 12-60mmSWD | ZD 50-20mmSWD | ZD 8mmFisheye | ZD 9-18mm | ZD EC-14 | M.ZD 12-40mm F2.8 PRO | M.ZD 40-150mm F2.8 PRO | M.ZD 1.4x Teleconverter MC-14 | Cyber-shot DSC-H1 | OLYMPUS TOUGH TG-1 | RICOH CX2 | カメラ関連 | ケータイカメラ | 滝の目次 | 滝(徳島) | 滝(愛媛) | 滝(香川) | 滝(高知) | 滝(本州) | アートフィルター | | 紅葉 | 新緑 | 花火 | 島サイクリング | 登山 | 自転車 | 里山 | 四国八十八ヶ所 | 夕景 | 夜景 | 朝景 | | 讃岐富士 | 天体 | 星景 | 気象光学現象 | 流星 | 玉ボケ | | 雪景色 | | | 風景 | オリンパスブルー | | | 町ぶら | 神社 | ホタル | 昆虫 | | 航空機 | | 鉄道 | イベント | イルミネーション | 祭り | おぶじぇ | ゆるキャラ | タイムラプス | フォトコンテスト | 動物 | 四国の外 | 地域(徳島) | 地域(愛媛) | 地域(香川) | 地域(高知) | 競馬 | | 花(アジサイ) | 花(ウメ) | 花(オニバス) | 花(キバナコスモス) | 花(キンセンカ) | 花(コスモス) | 花(サクラ) | 花(サツキ) | 花(シャクナゲ) | 花(スイセン) | 花(チューリップ) | 花(ツツジ) | 花(ツバキ) | 花(ハス) | 花(バラ) | 花(ヒマワリ) | 花(フジ) | 花(ペンタス) | 花(ボタン) | 花(ポピー) | 花(マーガレット) | 花(モモ) | 花(彼岸花) | 花(百日草) | 花(睡蓮) | 花(花ショウブ) | 花(菊) | 花(菜の花)