E-M1

2015年12月13日 (日)

深度合成

E-M1のファームウェア Ver4.0の深度合成を試してみた。

Pc110456
↑通常の撮影

Pc110548
↑深度合成

深度合成は主にマクロでの撮影で、手前から奥までピントが合った画像を合成する機能だ。

風景でも使えないものかといろいろ妄想していたが、最も遅いSSが1/8Sで固定されてしまうようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

氷瀑白猪の滝全景。

白猪の滝のつづき。

白猪の滝をあとにし、駐車場に戻ったのが11時30分。

ここから久しぶりに白猪の滝全景ポイントに行ってみる。

前回は2007年、およそ7年ぶりである。

白猪屋でおでんを食べてからと思っていたが、客が溢れていたのでそのまま全景ポイントへと向かう。

7年前の記憶はわずかだが、道すがらの景色を見るごとに記憶が蘇ってくる。

イノシシだろうか、行く先をずっと動物の足跡が続いている。

動物も踏み後を辿った方が楽なのだろう。

足首ほどに積もった雪道を進み、第一崖ポイントに着いた。

雪で足場がよく見えないが、なんとか突破。

第二崖ポイントのトラロープは健在であった。

これから先は踏み後が分からないので、とりあえず斜面を這い上がるってみる。

すると見覚えのある尾根が延びており、そこを進むと白猪の滝が見えた。

出発してから1時間弱かかった。

P2160244a_2
↑全景・・・だが、枝が邪魔になってきてる?

P2160264a
↑白猪の滝上段。

P2160270a
↑上段の滝つぼがわずかに見える。

P2160289a
↑上段から下段へ。

P2160284a
↑下段上部。

さて、帰る。

帰りは下りだけなので楽ちんである。

14時前、白猪屋のおでんで遅い昼食となった。

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

氷瀑白猪の滝2014。

16日に行ってきた白猪の滝です。

完全凍結ではありませんでしたが、2度の大雪でかなり凍結したようです。

到着した駐車場は先客が2台。

滝への遊歩道は入り口から凍結しております。

P2160009a
↑滝下の橋に到着。雪が多いです。

↓遊歩道の階段は雪が踏み固められツルツル。

P2160025a

そして滝前へ。

P2160044a

P2160049a

滝直下へ行ってみる。

P2160061a

後は同じような写真の羅列・・・。

P2160072a

P2160078a

P2160097a

P2160137a

氷瀑白猪の滝2014

後ろからすごい視線を感じるので振り返ると、テレビカメラがこちらを向いていた。

テレビカメラにはiTVとステッカーが貼られていた、愛媛のテレビ局だろうか。

私の撮影終了待ち?

ギャラリーも増えてきたようなのでここで滝直下から引き上げる。

遊歩道をぐるっと周っていると、滝前で番組収録が始まっているようだった。

↓テレビ局のアナウンサー?
P2160227a

一通り撮り終えたので帰る。

だが、今回の主目的はここからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

今日の夕日。

P2160312a

今日は白猪の滝の氷瀑を見に行き、戻って来てだるま夕日のポイントへ行ってみましたが・・・、

残念ながら、夕日は霞の中へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

雪の小橋・竜王の滝。

日曜日、前日にまとまった雪が降ったので、久しぶりに小橋と竜王の滝に行ってみた。

とは言ってもお昼過ぎまで所用があったので、滝駐車場に着いたのは15時前。

県道は除雪されていたが、林道は流石に雪が残ったままだ。

人や車の来た形跡は一切なく、きれいな雪の上を時間も時間なので早足で滝に向かう。

すぐに小橋の滝に着くがとりあえずスキップして急ぎで竜王の滝に向かう。

20cmくらいだろうか、積もった雪で遊歩道を見失うが所々にある階段で軌道修正する。

時計は15時15分、急いだのですぐに着いた。

P2090437a
滝前から下流方向を。

P2090386a
竜王の滝。

P2090400a
水量はやや少な目か。

P2090410a
澄んだ滝つぼ。

P2090433a
左から。

P2090444a
さらに左から。

時計は16時、もう帰る。

小橋の滝まで帰ってきて滝を眺めながら撮るか撮るまいかしばし思案する。

・・・撮る。

P2090490a
木製のテーブルの上の雪の厚みは18cmくらい。(三脚の脚のメモリで測ってみた)

P2090497a
小橋の滝。

こちらもやや少ない水量。

P2090505a
河原から撮ってみるが水量が少ないのでパッとせず、撮影修了。

踏み後のない雪の上をジグザグに歩いて帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

霞む夕日。

今日はひどく霞んだ一日。

夕日の光線もずいぶん遮られている。

なにやら夕日の中に黒いものが見える。

カメラで覗くと黒点がはっきり見えた。

P2020365a_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

半分だるま。

ども。

久しぶりに写真を撮ったので更新してみます。

そろそろだるま夕日の時期ということで。

今回は↓ケーソンの左側に夕日を落とす作戦を立ててみました。

P1270005a

結果は・・・↓、半分だるま。

P1270142a

なんかピントがダメだな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

初詣2014Ⅱ。

大寶寺の次は四十五番札所岩屋寺。

岩屋寺は駐車場から徒歩で約20分。

P1010326a
参道のナンテン。

P1010330a
山門。

P1010333a
石段が続く参道。

P1010338a
参道脇のお地蔵さん、境内まではもうすぐ。

P1010388a
到着。断崖に張り付くように建つ納経所。

納経所脇には岩窟があり薄暗い(ほとんど暗闇)中を進むと、やや広くなった奥に願掛け地蔵が安置されていた。(奥にいたおじさんに教えてもらいました。)

P1010374a
断崖絶壁が迫る本堂。

国の名勝に指定されているのも頷ける。

P1010352a
本堂脇の梯子の上を登り法華仙人堂跡へ。

P1010366a
本堂前のお遍路さん。

P1010379a
雪が残る大師堂。

P1010385a
旧山門。焼失を免れたので本堂、大師堂より古い。

今年の初詣四国八十八ヶ所巡りは2ヶ寺でおしまい。

またつづきは来年、松山市から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

初詣2014。

初詣四国八十八ヶ所巡り、今年は久万高原町の四十四札所番大寶寺から。

心配した積雪は幸いにもありませんでした。

P1010321a
↑山門。

車で行ける所まで行くと山門は飛ばしてしまうことに。。。

P1010317a
↑本堂。

P1010305a
本堂、軒下に雪が残ってます。

P1010308a
↑大師堂。

P1010303a
↑幹別れした巨木の間にお地蔵さん。

納経を済ませ次は岩屋寺に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

Pc080281a

今年は昨年以上にゆったりペースになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

E-3 | E-5 | E-M1 | ZD 12-60mmSWD | ZD 50-20mmSWD | ZD 8mmFisheye | ZD 9-18mm | ZD EC-14 | M.ZD 12-40mm F2.8 PRO | M.ZD 40-150mm F2.8 PRO | M.ZD 1.4x Teleconverter MC-14 | Cyber-shot DSC-H1 | OLYMPUS TOUGH TG-1 | RICOH CX2 | カメラ関連 | ケータイカメラ | 滝の目次 | 滝(徳島) | 滝(愛媛) | 滝(香川) | 滝(高知) | 滝(本州) | アートフィルター | | 紅葉 | 新緑 | 花火 | 島サイクリング | 登山 | 自転車 | 里山 | 四国八十八ヶ所 | 夕景 | 夜景 | 朝景 | | 讃岐富士 | 天体 | 星景 | 気象光学現象 | 流星 | 玉ボケ | | 雪景色 | | | 風景 | オリンパスブルー | | | 町ぶら | 神社 | ホタル | 昆虫 | | 航空機 | | 鉄道 | イベント | イルミネーション | 祭り | おぶじぇ | ゆるキャラ | タイムラプス | フォトコンテスト | 動物 | 四国の外 | 地域(徳島) | 地域(愛媛) | 地域(香川) | 地域(高知) | 競馬 | | 花(アジサイ) | 花(ウメ) | 花(オニバス) | 花(キバナコスモス) | 花(キンセンカ) | 花(コスモス) | 花(サクラ) | 花(サツキ) | 花(シャクナゲ) | 花(スイセン) | 花(チューリップ) | 花(ツツジ) | 花(ツバキ) | 花(ハス) | 花(バラ) | 花(ヒマワリ) | 花(フジ) | 花(ペンタス) | 花(ボタン) | 花(ポピー) | 花(マーガレット) | 花(モモ) | 花(彼岸花) | 花(百日草) | 花(睡蓮) | 花(花ショウブ) | 花(菊) | 花(菜の花)