ZD 12-60mmSWD

2013年11月 4日 (月)

御来光の滝!2013Ⅱ。

御来光の滝のつづき。。。

Pb027710a
カエデ越しに御来光の滝を撮影しつつ、ごろごろした大岩を乗り越えて進みます。

Pb027720a

Pb027747a

Pb027755a
カエデの下に到着。

ここで一旦カメラと三脚をしまい滝直下に向かう。

他の3人はとっくに滝直下に着いている筈だ。

Pb027760a
滝前に到着。

他のメンバーが食事を済ませたのかどうかわからないが、とりあえず座り込んで食事にする。

だが、座り込んだところが滝の飛沫で濡れていたのかお尻がびしょびしょになってしまった。

ここですでに左岸側で撮影を済ませたおいわさんが戻ってきた。

代わってKさんが左岸に向かうようだ。

食事後はレンズを12-60㎜に交換し撮影開始。

Pb027770a

Pb027782a

Pb027789a
登ってきた方向を振り返って。

Pb027796a

一頻り右岸で撮影し、私も左岸に向かおうかと思ったが、Kさんが戻り始めてきた。

ここはなにか帰る雰囲気を感じたので近い滝直下に向かう。(大カエデに時間を使い過ぎたか・・・。)

Pb027799a

Pb027803a_2
このカットを撮る前においわさんからそろそろ帰りましょうと声がかかる。

左岸に行かなくてよかった・・・。

つづけてちょうど滝前に三脚を据えていたこともあり、記念写真係りに指名された。

四人並んでセルフタイマーで記念写真を撮ったのだが、スローシャッターであることを言い忘れており何人かは動体ぶれしてしまった。

さて、帰ります。

Pb027817a
写真は一気にワープして七釜。
ここで小休止。

2年前、ここで三脚にしっかり装着できていなかったカメラを落っことしてしまったのだ。

トラウマではないが、帰りは時短を心がけ三脚は出さない。

↑写真はおいわさんを真似してタオルの上にカメラを置いて撮ってみた。

Pb027834a
さらにワープして最後の渡渉ポイント。

ここを渡り小休止とエネルギー補給。

この後は最後にして最大の難関の谷の登り返しが待っているのだ。

今回はいつもの堰堤から登るのではなく、堰堤前のトラバース道から登り始めるみたいだ。

斜めに真っ直ぐ進むといつもの道に合流。

ここから厳しい急な登りが30分続くのか・・・、なにも考えず黙々と3人についていく。

しかし、Yさんは凄過ぎ、完全に負けてます。

車道の音が聞こえ始め、そして前方でおいわさんのガードレールが見えたとの声が聞こえる。

2年前は最後の最後で両足がつったのであった・・・、ここはあわてず力を要れずに登る。

そして白いガードレールが目に入る、なんとか3人に遅れることなくガードレールを跨げた。

前回の御来光の滝から2年、この2年間で最もしんどい一日となりました。

駐車場に戻って、次は冬の高瀑でと解散する。

次回の御来光の滝はぜひとも青空をと願いつつ、開通しているはずのよさこい峠を目指し帰る。

おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

御来光の滝!2013。

土曜日、2年ぶりに御来光の滝に行ってきました。

集合場所の長尾根展望所までは長沢ダムから向かうつもりでしたが、念のため前日に電話確認すると、直前の台風でまたしてもよさこい峠~土小屋間が崩壊しているとのこと!

予定では翌日の朝7時に開通とのことであった。

行けないことはないが念のため黒森峠を越えて石鎚スカイラインをめざす。

朝4時に出発し、スカイラインゲートに6時40分ごろ到着。

開門後、到着した展望所には車はなし。

しばらくして石鎚山にご一緒したKさん到着、同乗の方がもう一人おられる。

Kさんとおいわさんの山歩きグループの先輩(Yさん)とのことだ。

かなりお年を召しておいでのようであったが、後で年齢を聞いてびっくり、七十半ばとのことであった。

しかし、このYさんがすごかった・・・、おいわさんやKさんに全く遜色がなかったのである。

おいわさんたちに出会って感じた、「登山家最強」を改めて実感したのであった。

装備を整えているうち、Kさんのすぐ後においわさん到着。

これで全員集合、今回はこの4人で御来光の滝をめざすのだ。

8時少し前、谷底を目指し急斜面を下る。

Pb027600a
谷底の堰堤に到着。

Pb027606a
台風で心配した増水もない。
2年前の水量と同じような感じだ。

Pb027614a
茶色と白のまだら模様の川底の脇を通過。

Pb027618a
七釜到着。ちょっと休憩。

Pb027626a
Yさんがキノコを見つけてくれたが、すでに腐っているとのことだ。
撮るのをやめようかと思ったが、後から来たKさんが撮り始めたので真似して撮ってみた。

Pb027637a
右岸から左岸へ、何回目かの渡渉。

Pb027642a
渡渉して上を見上げるときれいな透けもみじがあった。

Pb027652a
南沢到着。ちょっと休憩。

Pb027663a
御来光の滝全景ポイントから。
今回は望遠レンズを持ってきたので、ここから50-200㎜に交換。

Pb027677a
全景ポイントから最大ズームで。

この先からおいわさんは登山道を真っ直ぐ、KさんとYさんは沢に下りるようだ。

私もKさんとYさんの後を追う。

Pb027698a
沢に下り、滝前の大きなカエデと御来光の滝。
50-200㎜を持ってきたのはここからの撮影のためだ。

2年前に初めてここに来たときは、真っ直ぐ登山道を進み、このカエデの真下から撮影を始めたのだった。

そのとき、同行していたなかちゃんとyamtoさんは沢に下りてずいぶん下から撮影を始めていたのである。

今回は真似して沢に下りてみようと思っていたので、Kさんたちが下りてくれてありがたかった。

Pb027700a
同じ場所からカエデをアップで。

ここから撮影しながら沢を這い上がって行く。

つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO。

Pa207584a

オリがフォーサーズをやめるとのことなので、microへの道を選択しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

アサギマダラ。

Pa126935a

Pa127091a

唐岬ノ滝の遊歩道でアサギマダラを見つけました。

調べてみると黒い斑点の有無で写真上はメスで、下はオスのよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

唐岬ノ滝。

Pa126938a

Pa126942a

Pa126951a

Pa126999a

Pa126980a

石鎚山登山の前日、土小屋集合時間の前に折角なのでどこかに寄ろうかと思案する。

白猪の滝はおいわさんのHPで橋が流されたとのことなのでスルー、久しぶりに唐岬ノ滝に行ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

石鎚山Ⅱ。

弥山から天狗岳に向かいます。

Pa137424a_edited1
天狗岳方向は強烈な逆光、天狗岳直近から歩いてきた弥山方向を。

Pa137436a
天狗岳に到着しました。

奥は同じ高さの南尖峰。

Pa137437a
続いて南尖峰に向かいます。

Pa137450a
南尖峰手前の岩山から天狗岳、わずかに見える弥山を。

Pa137468a
南尖峰に到着。

Pa137481a
南尖峰から墓場尾根方面を。

Pa137486a
南尖峰から見る天狗岳と弥山。

Pa137519a
南尖峰付近の紅葉。

Pa137529a
東稜コースを見下ろす。

帰りはここを通る予定であったが・・・。

Pa137535a_edited1
続いて墓場尾根に下りてみる。

手前が大砲岩、奥が墓場尾根。

Pa137556a
墓場尾根の紅葉、全体的に残念な紅葉でしたが、ここが一番きれいでした。

Pa137565a
小さな紅葉。

Pa137570a
墓場尾根まで下って来た方向を見上げて。

このあと、東稜から下山する予定でしたが、離合の難しいルートに登って来る人が途切れることがなく東稜コースを断念。

来たルートを戻ります、が、こちらも登って来る人でいっぱい、弥山の鎖場で大渋滞しておりました。

なんとか弥山に戻ると朝とは比べ物にならないほどの人・人・人・・・で溢れかえっておりました。

そのまま下山するのですが、登って来る人は引っ切り無しでスカイラインとロープウェイの合流地点は大渋滞。

想像をはるかに超える石鎚山の人気っぷりに驚きつつの下山となりました。

案内してくれたKENさんと誘って頂いたyamtoさんに感謝。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

石鎚山。

滝仲間のKENさんとyamtoさんに同行して石鎚山に登ってきました。

御来光を見るために夜中に登り始め、途中、星空を撮影しつつ山頂に向かいました。

Pa137104a
松山の街明かり。

Pa137107a
よくわかりませんがオリオン座を撮りました。(木の左側)

Pa137114a
天狗岳の上に光跡が写りました。

流星でも飛行機でもなさそうな光跡、ISSでしょうか?

夜明け前に弥山に到着。

すでに多くの人と三脚が並んでいます。

空いたスペースに三脚を立てカメラをセットして御来光を待ちます。

Pa137221a
御来光間近です。

Pa137314a
出ました。

Pa137359a
光線が強くてコントラストが厳しいです。

Pa137369a

Pa137372a

紅葉は残念ながら終盤なのと色付きもイマイチなようでした。

天狗岳につづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

満月。

P9196708a_edited1

9月19日、今年の中秋の名月はお月さんもちょうど満月とのことでお月見をしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

瀬戸田町夏まつり 花火大会2013。

瀬戸田の花火大会は3000発、打ち上げ時間は30分間。

目的は15号一発狙い。

花火の構成は5号?のスターマインと8号?の単発上げ、10号は恐らく2発と15号1発にナイアガラでした。

P8176130a_edited1
↑15号。

失敗しました。

計算では多々羅大橋主塔の少し上まで広がるはずでしたが・・・はみ出してしまいました。

あとで計算しなおすと簡単な距離の計算を間違えてた・・・残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

ひこにゃんにあいたい。

お盆休みに彦根城に行ってきました。

最大目標はタイトル通りのひこにゃんです。

彦根城でのひこにゃんの登場は一日3回、登場時間は10:30、13:30、15:00でそれぞれ30分間のお出まし。

渋滞にはまって彦根城に到着したのは12時を少し回った時間。

P8155627a
彦根城。

足早に彦根城の天守閣を見て周り、ひこにゃんの登場場所へ。

少しずつひこにゃん目当てと思しき人たちが集まってくる。

P8155638a_edited1
ひこにゃん登場。

P8155642a_edited1

ちょっと遠いひこにゃん。

P8155654a_edited1
望遠を取り出すか迷いながら撮影。

P8154446a
急いでカバンから50-200㎜を装着済みのE-3を取り出す。

P8154457a
かわいいやないか、ひこにゃん。

P8155681a
再びE-5に持ち替える間に魚パフォーマンス中のひこにゃん。

写真には写っていないが周囲はすごい人の山である。

ライブビュー&バリアングルモニターで人の頭越しに撮る。

P8155707a
パフォーマンスで乱れた毛並みを整えてもらうひこにゃん。

P8154515a_edited1
体力の限界のひこにゃん、一旦、休憩に戻る。

P8154532a_edited1

一旦隠れて再び姿を現すお約束を忘れないひこにゃん。

P8154540
体力が回復し再び登場のひこにゃん。

P8154572a
花パフォーマンスのひこにゃん。

P8155731a
せんべいパフォーマンスのひこにゃん。

P8155752a
せんべい終了。

P8155759a
近づいたら目線をくれるひこにゃん。

P8154623a
再び毛並みを整えてもらうひこにゃん。

P8154640a
最後の力を振り絞り踊るひこにゃん。

P8154645a
終了のポーズ?のひこにゃん。

P8155765a_edited1
ひこにゃん、ばいばい。

P8155769a_edited1
最後のお約束を忘れないひこにゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

E-3 | E-5 | E-M1 | ZD 12-60mmSWD | ZD 50-20mmSWD | ZD 8mmFisheye | ZD 9-18mm | ZD EC-14 | M.ZD 12-40mm F2.8 PRO | M.ZD 40-150mm F2.8 PRO | M.ZD 1.4x Teleconverter MC-14 | Cyber-shot DSC-H1 | OLYMPUS TOUGH TG-1 | RICOH CX2 | カメラ関連 | ケータイカメラ | 滝の目次 | 滝(徳島) | 滝(愛媛) | 滝(香川) | 滝(高知) | 滝(本州) | アートフィルター | | 紅葉 | 新緑 | 花火 | 島サイクリング | 登山 | 自転車 | 里山 | 四国八十八ヶ所 | 夕景 | 夜景 | 朝景 | | 讃岐富士 | 天体 | 星景 | 気象光学現象 | 流星 | 玉ボケ | | 雪景色 | | | 風景 | オリンパスブルー | | | 町ぶら | 神社 | ホタル | 昆虫 | | 航空機 | | 鉄道 | イベント | イルミネーション | 祭り | おぶじぇ | ゆるキャラ | タイムラプス | フォトコンテスト | 動物 | 四国の外 | 地域(徳島) | 地域(愛媛) | 地域(香川) | 地域(高知) | 競馬 | | 花(アジサイ) | 花(ウメ) | 花(オニバス) | 花(キバナコスモス) | 花(キンセンカ) | 花(コスモス) | 花(サクラ) | 花(サツキ) | 花(シャクナゲ) | 花(スイセン) | 花(チューリップ) | 花(ツツジ) | 花(ツバキ) | 花(ハス) | 花(バラ) | 花(ヒマワリ) | 花(フジ) | 花(ペンタス) | 花(ボタン) | 花(ポピー) | 花(マーガレット) | 花(モモ) | 花(彼岸花) | 花(百日草) | 花(睡蓮) | 花(花ショウブ) | 花(菊) | 花(菜の花)